mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

木村草太講演に触発されて、「笑い」を考える

 19日にみやぎ憲法9条の会の集会に参加。今年の講演者は木村草太さん。テレビでコメンターとして活躍しているのを見てきていた。しかし今回の講演会に参加し、木村さんの印象が変わった。髪が長くなったことだけではない。テレビでの話しぶりとは全く違う話し方だった。その語り口で講演中、何度も参加者を腹から笑わせるのでした。

  そんなことから「笑い」について、書き留めておこうと思った。実は「笑い」について書こうと思いついたのは、1ヶ月も前の10月中旬だった。NHKの朝の連続ドラマ(ボクはセンターで昼食を食べながら見ることが多い)で、10月からの「わろてんか」が始まったのが、そのきっかけだった。Y興業の創業者の話ということだが、ここ10年近く、テレビで「お笑い」「クイズ」「食べ歩き」の番組ばかりが全盛で、テレビから遠ざかっていたのだった。
 「わろてんか」を見ながら、大分以前に、確かこのダイアリーにも筆をとっていただいている<春さん>の紹介だったと思うのだが、「笑いとユーモア」(ちくま文庫)という織田正吉の本を知り、久しぶりに書棚から出して読み直した。
 目次をめくると、1;人を刺す笑い(ウイット)2;人を楽しませる笑い(コミック)3;人を救う笑い(ユーモア)の3章立てになっている。そして「笑い」について「笑いを起こす原因を『おかしさ』と呼び、おかしさによって起こされる感情を『笑い』と呼ぶ」と書いてあった。
 私たちは(少なくとも私は)、笑いを考えるとき、この3つの違いをごちゃまぜにして話していたように思えて、はっと気づかされたのでした。テレビのお笑い番組で、出演者に「笑わされている」のが「笑い」だと思ってきたように思うのです。
 冒頭の木村草太さんの話が引き出す「笑い」は、いわゆる「ユーモア」が引き起こした「笑い」です。
 ちなみに織田が「ユーモア」について書いている所を抜いて紹介します。 

 ユーモア感覚は、あらゆる種類の心の束縛から解放されるための一つの能力です。それは、固定観念や先入観をとりのぞき、アイデアをひらめかせ、表面の現象にとらわれないで、かくされた真相や実体を見抜くことのできる知性の一種です。そして、ユーモア感覚がもっとも力を発揮するのは、困難、逆境、対立、被害など、マイナスの事態がまわりに起こったときです。

 

 ついでに「定義集」(筑摩書店)を開いてみたら、「笑い」について、デカルトボードレールベルクソンなど著名な人たちの「笑いの定義」を紹介していますが、その中に「ユダヤ格言」があり、そこには『生物のなかで人間だけが笑う。人間の中でも、賢い者ほどよく笑う』という一行が目を引いた。

 この織田の本を紹介してくれた春さんも、ユーモアの達人です。学習会や打ち合わせ会議で周囲が行き詰まったり、展望が見えなくなったとき、いつも周囲を笑わせてくれるユーモアのあふれた話をしてくれるのです。

 という訳で、筆無精のボクの背中を押してくれた木村さんに感謝です。ダイアリーらしからぬダイアリーになってしまった。お許しを。 <仁>

今度の土曜日です! 第3回 こくご講座

 今年最後の『こくご講座』を開催します。
 前半は、作品の読みの力をつけるにはどうしたらよいのか、前所長の春日辰夫さんが作品の「まえがき」や、辞書の活用方法やおもしろさなどを中心に話をします。
 後半は、2つの分散会に分かれて、具体的な授業づくりについて話し合いをします。今回は、4年生で扱う戯曲の『木竜うるし』と、6年生で扱うヒロシマのうた』を扱います。それぞれの教材で、どんな魅力的な授業をつくれるのか?話題提供者の話をもとに話し合います。

 事前申し込みなどは必要ありません。でも参加できる会です。みなさんの参加をお待ちしています。

・と   き   11月25日(土)13:30~16:30  

・ところ   フォレスト仙台ビル 2F会議室

                      ※参加費 200円

             f:id:mkbkc:20171122082327p:plain

もうすぐ開催です! 中村桂子さんによる高校生公開授業

 参加高校生、まだまだ募集してます!

 中村桂子さんによる高校生公開授業も、当日(12月2日) まで残すところ後2週間を切りました。現在、受講希望の高校生は20数名ほど。募集人数は40名ですから半分を過ぎたところです。
 高校生公開授業は、2006年、東大の小森陽一さんが宮澤賢治の童話『烏の北斗七星』をテキストに行ったのが始まりでした。その時の受講生は24,5名だったと記憶しています。高校生と小森さんとの緊迫したやり取り、そのやり取りを《この授業は、どこへ行くのだろう?》と固唾を飲んでまわりから参観した大人たち、その熱気のすごかったこと。今のことのように思い出されます。あれから、もう10年が経ちます。

 先日、大変うれしいことに、S高校のH先生から「受講したい高校生がいる」と、連絡をいただきました。話のなかで、現在、受講生が20名ほどになったことを伝えると、「せっかく中村さんが来てくれるんだから、ぜひ40名をめざして高校生と中村さんとの出会いをつくらなきゃ」と、叱咤激励を受けました。

 正直、20名ほど集まって、ちょっとホッとしていたところがありました。H先生のご指摘のように、やっぱり中村さんとの素敵な出会いを一人でも多くの高校生たちに経験してもらう、そのためにも後2週間、受講生40名をめざして取り組んでいきたいと思います。

 このdiaryに目をとめてくれた学校の先生や高校生のいらっしゃる保護者の方、知り合いに高校生の子がいるという方も、ぜひ参加のお声がけ、ご協力をお願いします。( キヨ )
   高校生公開授業 参加申し込みフォーム

 f:id:mkbkc:20171118131652j:plain f:id:mkbkc:20170930122724j:plain
  河北新報(11月9日付)でも紹介いただきました。

読んでみ(観)て、いがった『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

 毎月、学校体育研究同志会(略称 体育同志会)・宮城支部の会報が送られてくる。同志会は毎月例会を持ち、学校体育のあり方や体育の授業づくりなどの研究と実践に取り組んでいる。大変精力的でパワーみなぎるサークルだ。当研究センターの取り組みにも協力を惜しまずしてくれる強い味方である。
 今、この同志会事務局を担っているFさんは、大学時代からの友人。そんなこともあって、会報が届くとついつい一番最後のページの編集後記「事務局のページ」に目がいってしまう。その欄を読んで、彼の近況を知るのが楽しみ。彼は、大変な読者家でもあり、一度おもしろいと思った作者の本は片っ端からがむしゃらに読む。そんな彼の心に、この秋も読書への情熱の火がめらめらと燃え始めたようだ。
 先日、みやぎ教育のつどいで会い、「事務局のページ」で紹介している本・映画をdiaryで紹介してもいいかと聞いたら快諾してくれたので、以下に掲載します。
 ぜひ、冬にかけて読んで・見てはどうでしょうか。

 ※ 映画は、DVDになるまで少し時間がかかるかもしれませんが。( キヨ )

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夏までしぼんでいた読書熱。暑さが和らぐのと入れ替わるように、ジワジワと燃え上がってきました。最近は、1冊読み終わると、間髪空けずに次の本と、日々読書に勤しむ秋なのでした。今回は、この間読んだ本の中で特にいがった(よかった)本を紹介したいと思います。

 ナミヤ雑貨店の奇蹟東野圭吾 著(角川文庫)

 映画を見に行こうと、映画館のホームページで作品選びをしていてふと目に留まった。「2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた『ナミヤ雑貨店』だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。」ん? 32年前。時間が絡む? そこにある懐かしい昭和の町の風景。原作は東野圭吾。良さげな予感ありありでこれに決定。
 果たして、本当にいがった! 劇中何度となく涙がこぼれた。32年前と現在、そして、登場人物たちが網の目のように繋がっていく、「バック・トゥ・ザ・フィーチャー」を彷彿とさせるストーリーの巧みさ。最近観た映画の中では間違いなくベスト1。これは原作も読まねば! と本屋に直行で即買い。原作もさらに面白い。ぐんぐん読み進み、あっという間に読了。「東野圭吾はこんな作品も書くんだ!」という驚きもあり、一読の価値ありのよき作品です。

      f:id:mkbkc:20171114123033p:plain

  

目前の告知ですが、憲法学者の木村草太さん来仙!

 事務局のSさんは、今度の日曜(11月19日)に行われる「みやぎ憲法九条の会」の講演会準備で大忙し。今回の講演会講師は、テレビやラジオなどでみなさんご存じの、憲法学者の木村草太さんです。
 テレビなどで拝見する木村さんは、いつも冷静沈着、頭がこんがらがってしまいそうな憲法の話を慌てず騒がず、わかりやすく解きほぐして話してくれます。

 衆議院選挙が終わり、改憲の動きもより具体的になっていきそうな気配です。ぜひ参加してはいかがでしょうか。今までのモヤモヤがすっきりするかもしれませんよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

輝け世界に! 伝えよう未来へ!
憲法9条を守り生かす 宮城のつどい2017
  戦争する国にしない、これからもずっと

 と き  2017年11月19日(日)13:00~ 開場は12:30より

 ところ  仙台サンプラザ大ホール

  入場料  無料

  講 演  憲法9条の今後
     
講 師 木村草太さん首都大学東京教授)

  ※ 文化企画として、仙台市弁護士会の有志でつくるビックバンド
       スウィングローヤーズの演奏もあります。

            f:id:mkbkc:20171116122722j:plain

現職も退職も、集うサークルで

 11日は、今もつづく「生活科月例会」の日だった。「今もつづく」などというのは、1991年、生活科が新設されてすぐスタートした会なので、それ以後かれこれ四半世紀になるからだ。私自身で言えば、長く参加しつづけた国語サークルも消えた後に生き残っているサークルはこれだけ。古くからの仲間と一緒に自由に話し合える貴重な場だ。

メンバーは少数で、しかもその多くは退職組。一時、存続の有無について話し合ったとき、継続に、より積極的だったのが退職組だったように思う。私にとっては残念ながら、若い人たちはこれまでなかなか長くつづいていない。
 現役の常連はEさんとYさんのみ。ふたりは毎回何かの教室の仕事を必ずもってくる。

 11日、Yさんは、サツマイモと落花生の収穫時の1年生の絵と文。クラス全員のを広げて、参加者でしばらく話し合う。話し合いは、最後にYさんが子どもの作品1枚を手にして「これを使ってもう少しつづけます」と言い、Eさんにバトンタッチ。

 Eさんが配ったのは、原稿用紙2枚の作文。6年生。Eさんの力量頼みで受け持つことになったように思われるクラスで、Eさんからはこれまで苦労話がつづいている。
 この日見せてもらった作文の主R君もEさんに苦労をかけているひとりだ。しかし、R君を知らない私たちにもその作品は明らかに光を与えてくれた。

 Yさんのクラスの絵も、Eさんが見せてくれた作文も、私たちに明るい希望をもたせてくれた。

 自分がYさん・Eさんの仕事のそれを教室でもう使うことができなくても、自分の生きかたへの力とすることができることはまちがいない。
 教室の仕事は教室だけのものではないし、外の仕事もまた外だけのものでないことをこの小さいサークルは私に教えてくれ、そこから毎回何かを得て帰っている。( 春 )

杜の都からビルの都へ?

 今年の立冬は、11月7日。暦のうえではもう冬、でも年々暖かくなっていると感じるのは私だけだろうか。季節は時を刻みながら、行儀よく移り変わっていくようにみえるが、その実態は年々変わっているのだろう。

 変わると言えば、仙台の街の風景や光景も、ずいぶん変わってきている。ぱっと思いつくのは、商業ビルやマンションがどんどん建っているということ。ちょっとした空き地が見つかれば、しばらくすると、そこはビルやマンションの建設予定地になっている。かくいう仕事場の前の駐車場も、もうすぐ20数階建てのマンション建設が始まる模様だ。そうなれば、職場の窓の正面にどんと見えるのは、そのマンションの壁と個々の家庭の窓ということになるのだろう。のぞく気はないが目を向ければ、そうならざるを得ない。
 さらにそのマンションの建つ駐車場には、すでに隣接したマンションが囲むように建っている。それらのマンション住人も同様となる。隣接しているだけに、昼間なのにまったく日が入らないという部屋や目の前は壁一面というところも出てこよう。住んでいる住民にとっては、たまったものではない。しかし建築基準をクリアーしていれば、建てることは合法なわけで、まったくお構いなしということになる。

 直近で変わりつつあるのは堤雨宮の東北大農学部跡地。跡地と言わなければならないのは、なんとも残念だ。農学部は、大きな木々もあり仙台中心部における数少ない緑豊かな場所で、ひつじや山羊などもいる何ともほっとできる憩いのオアシスだった。昼休みには学生たちがバレーボールやソフトボールを興じている姿や、近くの保育園か幼稚園の子どもたちなのだろう? 先生と一緒に農学部のなかを楽しそうに散歩しているのを見たことがある。農学部には周辺の喧噪とは違う、のんびりとした空気が流れていて穏やかな気持ちになったりしたものだ。またキャンパス正門の守衛所は歴史的価値のある貴重なものであることなども、この間の新聞などで報じられたが、今後の扱いの行方はどう決まったのだろうか?
 その農学部敷地も今や見るも無惨というか、建物はすべて解体され瓦礫が集められ、更地へと変わりつつある。この後は敷地を落札したイオンモールが、イオン化傾向ならぬイオン化計画で商業施設と病院、住宅などを建て、農学部の面影などまったく感じさせない化学変化を起こすことになるのだろうか?

 商業ビルやマンション建設、農学部跡地のイオンへの売却、それらから見えてくるのは、狭い国土の有効利用という名の経済効率第一主義。いつの間にやら仙台は、杜の都ではなくビルの都になった感がしないでもない。定禅寺通りケヤキも、12月にはライトアップされ、クリスマス商戦に花を添える一役を担うのだろうが、どうも周りのビルに囲まれ窮屈な生活を強いられているように思えてならない。農学部跡地も、たとえば若い人たちも大いに利用できる文化施設やスポーツ施設、福祉施設など、そういう意味での有効利用はできなかったものなのだろうか。仙台の市民が憩い、老若男女の集うことのできる場所、そんな場所が仙台の中心にあったらどんなに素敵だろう。地域経済の活性化も政治の大事な一つではあるだろうが、もっと市井の人々の暮らしや文化のありように目を向けてくれないものだろうかと・・・、更地へと変貌する農学部跡地を眺めながら思っている。( キヨ )

  f:id:mkbkc:20171113150921p:plain