mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

武器なき平和の島 沖縄  ~淮陰生「一月一言」から~

 先に、淮陰生の「一月一言」から引いたことがあるが、今日も同書から別の話を紹介する。

 この話は「武器なき平和の島沖縄という一事が、晩年のナポレオンを驚倒させたいう話がある。」と始まる。
 1817年8月というから、場所は、ナポレオンの最後の地セント・ヘレナになる。朝鮮半島西岸・琉球諸島への調査航海の帰途だったイギリス軍艦が寄港し、物好きな艦長がナポレオンに会見を求めたらしい。ナポレオンも暇だったろうからすぐ実現したのだろう。
 著者淮陰生は、その会談での沖縄についての話をおおよそ次のように書く。
 まず艦長が、沖縄という島には武器というものが一切ないということを話すと、これにはナポレオンが、まったく理解に苦しんだ。そこで、ふたりのやりとり。 

 「武器といっても、それは大砲のことだろうね。小銃ぐらいはあるだろうが」
 「いや、それもありません」
 「じゃ、投槍といったようなものは?」
 「それもありません」
 「じゃ、弓矢はどうだね。まさか小刀くらいはあるだろう」
 「いや、それもありません」
 すると、ナポレオンはワナワナと拳をふるわせながら、大声で叫んだ。
 「武器がなくて、いったい何で戦争をするのだ?」
 「いえ、戦争というものをまったく知らないのです。内外ともに憂患というよう
 なものは、ほとんどみられませんでした」

とたんにナポレオンは、さも冷笑するかのように眉をひそめた。そして、「太陽の下、そんな戦争をやらぬ民族などというものがあるはずがない」と答えたという。

 ナポレオンと艦長のやりとりはいろいろなことを考えさせてくれそうに思ったが、「私はこんなことを考えた」などとつまらないことを付けないことにする。ただ、沖縄は、武器なき島だったことをいつまでも忘れないようにしようと思う。

 淮陰生は、「それにしても、500年に及ぶ武器なき平和の島だったのである。それが沖縄戦以来、大軍事基地群の島、そしてまた自衛隊の島になるとは、変わったといえば変わった。ずいぶんひどい話ではある。」と結んでいる。

 これが書かれたのは1972年7月。2か月前が「沖縄本土復帰」になる。( 春 )

ブラボー高校生  ~安田菜津紀さんの東北スタディーツアーに参加~

今日は8月11日。3.11東日本大震災の、所謂、月命日である。
少し前の7月のことになるが、とてもうれしい話があった。
フォトジャーナリストの安田菜津紀さんから知らせが入った。
 8月5日から8日までの4日間の日程で行われる3.11の被災地、福島・宮城・岩手の3県を回る今回で4回目となる東北スタディーツアー。テーマは、被災地の今を知り、これからの復興について考えよう。その参加者を募集したところ、全国からたくさんの申し込みの中に、5月にセンターが主催した安田菜津紀講演会に参加していた宮城の高校生が申し込んでくれたというのである。
 センターが高校生公開授業や各種講演会を開催する大きな目的の一つに、『学びと出会い』がある。少なくとも、スタディーツアーに参加することを決めたこの高校生には、センターの願いが届いたのだろうと思うと、とてもとてもうれしいことである。 

安田菜津紀さんの8月9日のブログには、次のような文が書かれていた。


長崎市山王神社。樹齢600年と言われる、被爆したクスノキ。熱線にされてもなお緑を取り戻した、その生命力に圧倒される。「話さない語り部なんです」と宮司さんが教えてくれた。宮司さんご自身も、当時三歳。そんな残された過去の手がかりが、きっと私たちのこれからを照らしてくれる。
 私たちが72年間の歴史をさかのぼることはできない。けれども苦痛を伴いながらなお人々が残しきた言葉を灯に、想像し続けることはできる。思考する勇気を、手放さないこと。私たちに課せられた、大きな宿題。

 

 そしてもう一話。今日(11日)夕方のNHKニュースを見ていると、全国の高校生が呼びかけて集めた核兵器廃絶署名が過去最高の21万筆集まり、代表が高校生平和大使として国連に届けるという。

 私たちも高校生のように『学び、想像し続け、思考する勇気を手放さない』ようにしなければと。<仁>

宮川健郎先生、今年も来仙!

 昨年の『夏休み こくご講座』でお話しいただきお世話になった宮川先生が、今年は宮城教育大学の企画で、ふたたび仙台にやってきます。先日、宮川先生とお話した際にお知らせいただきました。
 一般公開の企画なので、興味関心のある方は、ぜひご参加くださいとのことです。

 ◆宮城教育大学付属図書館スパイラル・セッション
             対談 宮川健郎 ✕ 中地文

        児童文学とは何か、児童文学研究とは何か
                ~ その楽しみ と 意義 ~

 ◆日時 2017年8月9日(水)13:30~15時

 ◆会場 宮城教育大学附属図書館 スパイラル・ラボ

         ※ 事前申し込み不要、参加費は無料 です。    

    f:id:mkbkc:20170731085031j:plain

三島孚滋雄を知ってますか ~ 教師として生きるとは ~

 5年がかりで、田中武雄さんと2人で、『教育の良心を生きた教師―三島孚滋雄の軌跡』という書名のものをまとめた。三島の書き残したものを集め、少数であったが三島を知る方の話を聞いて、できるだけそれらをそのまま生かす形で三島という教師の生き方を知ってもらおうとした。もっと早く取り組めば、もっと多くの方の話をきくことができ、全体を膨らませることができたであろうと思うと、たいへん残念である。

 その三島は、白石中学校長5年目に、職員向けに「河童通信」という名の通信を発行した。校長が職員向けの通信を発行したということに私は驚きながら、そんなことを教員時代、校長に期待することなど寸毫も私はもたなかったし出会いもなかった。
 しかも、「河童通信」は、1号たりともいいかげんなつくりではないのだ。さりげない叙述の体をとりながら、教師として何を大事にすべきかを全エネルギーをぶつけるように職員へ語りかけている。

 全体を通して驚くことのひとつは、そのための読書量だ。「そのための」という言い方はまちがっていて、常日頃の読書量が通信の内容を支えていると言えるだろう。
 たとえば、「河童通信」3号は1957年5月23日発行だが、この号では、岩波新書「一日一言」(桑原武夫編)をとりあげてつくっている。ちなみに、この「一日一言」の初版発行は1956年12月10日である。編者の桑原は「はしがき」の中で次のようなことを書いている。

・・・本書において私たちは、ただ、すぐれた言葉を思いつくままに無秩序に集めるのではなく、一年、365日の日々に、それぞれその日にゆかりのある人物の言葉を収録し、略伝と肖像とをそえ、読者諸君が、毎日ひとつずつの言葉を味わいうるようにしたいと思った。・・・

  私は今になるも「一日一言」を読んでいなかったので、あわてて古本屋に走った。それは新書でありながら小さい字の2段組みでびっしりとつまっており、桑原のなみなみならぬ力の入れようが伝わってくる。三島はそれを、発行後半年も経っていない時に、職員に紹介しているのだ。

 世界の有名人の言葉が毎日並ぶ中、「一日一言」の8月15日は、「太平洋戦争敗戦」の小見出しで、一未亡人の手記。間もなく、またその日がやってくる。全文を以下に紹介する。 

 八月の十五日、とうとう神風は起こらなかった。前線の兵隊さんはどうしていることだろう。痛歎の余り自決! ああそんなことはない、私達を、可愛い子供を残して死ぬものか、きっと帰ってくる、私もとうとう子供を守り通した。もう爆弾で殺されることはない。終戦―何と空々しい静けさであろう。ただ呆然として、夫が帰って来たら・・とそればかり思う。しかし夫は私達に前以上の試練を下されたのでした。
 終戦と同時に軍隊の消滅、物価の暴騰、僅かばかりの貯金の封鎖に、帰還の日の一日も早からんことを祈りつつ、夜ふけてコツコツと聞こえて来る靴の音に今度はと何度胸をおどらせたことでしょう。(いとし子と耐えてゆかん)

                                                                                                                  ( 春 )              

                                    f:id:mkbkc:20170729211057j:plain

人とつながり希望を紡ぐ② ~学びでつながり希望を紡ぐ~

 夏休みは、先生たちにとって日頃できないことを始めたり、自分の興味・関心を広げたりするよいチャンスです。研究センターはその一つとして、8月6日(日)に『夏休みこくご講座』を開きますが、先日の被災地支援ツアーでお世話になった宮城県職員組合も、『明日の授業のための教育講座』を開催するとのこと。さまざまな学びの内容が用意されています。早速、雄勝の徳水さんの合い言葉「人とつながり希望を紡ぐ」にあやかり、diaryで紹介します。

 ちなみに『明日の授業のための教育講座』は、この週末1泊2日、29日(土)・30日(日)の開催です。まだまだ今からでも参加申し込みは大丈夫だそうです(宿泊する場合は、日にちが迫っているので組合に連絡がほしいそうです)。

 f:id:mkbkc:20170727092358p:plainf:id:mkbkc:20170727092641j:plain

人とつながり希望を紡ぐ

f:id:mkbkc:20170725103116j:plain

 23日(日)は、仙台市長選投票日。市長選は自民、公明などが支持する菅原裕典さんと、民進、社民、共産などが支持・支援する郡和子さんの事実上の一騎打ち。国会の与野党対決の構図と同じ状況の中での仙台市長選、今後の国政にも影響する大事な選挙でした。

 その同じ日に、被災地支援ツアーで石巻雄勝ローズファクトリーガーデンへ。ガーデンづくりのお手伝いに行ってきました。

 ガーデンを運営するのは、德水利枝さんと夫の博志さん。博志さんは、元雄勝小学校の先生で、研究センターのさまざまな取り組みや震災後の聞き取り調査などで大変お世話になっています。また退職するまでの数年間を、学校と地域の再生と復興のために、まさに身を粉にして尽力されてもきました。
 今は、妻の利枝さんと一緒にガーデンづくりをしながら、震災を通じて得た「人とつながり希望を紡ぐ」を合い言葉に、雄勝の森・川・海の生態系と雄勝石やホタテ・ホヤなどの地域資源を生かした「地域内経済循環」の構築と、持続可能な新しい町づくりに取り組んでいます。

 これまで様々な形で支えてくださっている徳水さんに少しでも報いることができればと、今回、宮城県職員組合が企画した被災地支援ツアーに参加させていただきました。
 午前中は、徳水さんが取り組んでいる震災教育プログラムの話をききました。午後はガーデンづくり作業と、震災時の雄勝小、大川小の話を現地に行って聞きました。( キヨ )

f:id:mkbkc:20170725105534j:plain f:id:mkbkc:20170725105713j:plain
   徳水さんから震災教育プログラムの話を聞く             日本最北限のオリーブの苗木の移植作業

f:id:mkbkc:20170725110055j:plain f:id:mkbkc:20170725110233j:plain
          女性陣はラベンダーの苗植え作業         みんな、気持ちのいい汗をかきました

あなたは誰? 名前を見てちょうだい!

 今度の『夏休みこくご講座』は「スイミー」と、もう一つ、あまんきみこさんの「名前を見てちょうだい」を扱う。授業づくりの話は当日の「こくご講座」にお任せするとして、「名前」と聞いて思い出したことがある。 

 『小森陽一、ニホン語に出会う』の中に、名前をめぐる授業のやり取りが出てくる。授業は1990年に、小森さんが小学4年生の子たちに向けて行ったもの。すでに四半世紀も前のことになるが、今読んでも刺激的だ。
 授業の導入で、子どもたち一人ひとりが、小森さんに自己紹介をする。

「僕の名前はウダガワユウジですマル。」
「私の名前はイシヅカユキですマル。」
「僕はシバタトモクニという名前ですオシマイ。」
「私はカキヌママユです、サッカーやドッジ・ボールが大好きで、
 すごいおてんばです・・・・」

というような具合に。ところが突然、小森さんは子どもたちにむかって「僕がはじめて来たと思ってみんな嘘ついてるでしょう」と切り出す。さらに怪訝そうにキョトンとする子どもたちにむかって、今度は「本当に君はウダガワくん?」と言い出す始末。だけど、この年齢の子たちは、まだまだ気持ちがまっすぐ。本当にウダガワ君?と問われた子は、「そうですよ。」「ウソー!」「そうだもん!」「どうして君、ウダガワ君なの?」と小森さんと正面からの押し問答。このあたり実際の教室の様子は、相当緊迫したやばい感じになったようだ。小森さんは、その時の様子について

 なおも執念深く当のU君に、彼が書きつけた自分の姓名が「ウソ」ではないことを証明せよ、とせまると、彼の顔は次第にこわばっていった。とてもたくましそうな男の子だという印象があったものだから、私の方も腕組をしたまま反応を待った。緊張した空気が教室にはりつめた。咄嗟に2、3人の生徒が「身分証明書見せてやれよ!」と叫んだ。U君は机をけとばすように立ちあがり、教室の後の方に、文字どおり脱兎のごとく、ものすごい勢いで飛んでいこうとした。この反応に、私自身驚いてしまった。授業の導入部として予定していた、固有名詞について考えるこの操作が、これほどまでに小学4年生を追いつめてしまうものだということは予想していなかった。 

と記している。U君ことウダガワ君に限らず、子どもたちは思いもしていなかった状況に立たされ大変だったろう。しかし授業のやり取りが示すように、実は「私は〇〇です。」と名前とその人が一致していることを証明するのはそう簡単ではないのだ。 

 あまんきみこさんの「名前を見てちょうだい」は、お母さんに名前を刺繍してもらった帽子を、主人公の女の子が風で飛ばされてしまうことから展開していく。落とし物や忘れ物があった時、まずは名前が書いてあるかどうか調べ、名前が書かれていれば、その名前を手がかりに落とし主を探して返すわけだけど・・・。生まれてこの方ウン十年と私に張り付いて、落としたことが決してない名前という所持品は、そうであるにもかかわらず、その名前はあんたのものか?と面と向かって聞かれると証明するのが難しい。

 あまんきみこさんの「名前を見てちょうだい」は、こういう展開にはならないけれど、名前というのは考え始めると相当奥深いもののようだ。 

 ところで、小森さんの授業がこの後どう展開したかは、ぜひぜひ『小森陽一、ニホン語に出会う』をお読みください。名前という固有名詞の奥深さについて授業記録とは別に詳しく話もされています。また小森陽一という日本を代表する夏目漱石研究者が、どのような数奇な人生遍歴を経て今に至ったのか。たいへんおもしろく、ニホン語に関して考えさせられる内容満載です。ここまでお読みいただき、本を買おうかなと思われた方には吉報です。この7月に文庫化され、タイトルも『コモリくん、ニホン語に出会う』と若干リニューアルして、お安くお買い求めいただけるようにもなりました。今がお買い得ですよ。(キヨ)

            f:id:mkbkc:20170721163008p:plain