mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

誰の学力が一番問われているか、教育委員会を傍聴しよう!

 先週、仙台市の定例教育委員会があった。午後6時からの会議だという。当日の朝、会議があることを知ってショック。早く帰ろうと思っていたのに! とぼとぼ傍聴に出かけた。教育委員会事務局のみなさんは残業ということになるのだろうか。それともサービス残業? お互い、お疲れさま。
 行ってちょっとホッとする。報告事項は2件だけ(早く帰れそうだ)。中心はそのうちの一つ、この春に行われた「仙台市標準学力検査と生活・学習状況調査の分析結果と改善方策」について。具体的な会議内容は、のちほど教育委員会のHPに掲載される会議録等を見てもらうことにして、ここでは印象に残ったこと、感じてきたことを。

 一つは、学力の議論はいつも国語、算数、理科、社会、そして英語の主要5教科の話ばかりということ。まあ標準学力検査をもとにした話し合いだから仕方ないとも言えるけど、じゃあそれ以外の体育や美術(図工)や音楽や家庭科などについての話を聴いたことがあるかというと、残念ながらまったくと言っていいほど聴かない。いうなれば眼中にないのだろう。
 ところが今回はちょっと違った。学力検査は《テストという答えのあるものの学力にすぎない(テストとして測れる学力にすぎない)。答えのない問いを自分の頭で考え表現する学力も考える必要がある。子どもを学力検査だけではなくトータルに把握してほしい》と、東北大学の加藤委員が学力を巡る議論のあり方に意見を述べた。またそれに加えて、子どもたちの学力が実生活と結びついていない点を大きな課題としても指摘した。以前は、そのような学力のあり方を「剥離する学力」と言っていたような気もするが、学力のあり方は依然として変わっていないのだなと思った。教育の目的は子どもたちの人格の完成にある。テストで測れる知育だけでなく、子どもの発達と成長についてもっとトータルに議論をしてもらいたいと思った。そこにこそ教育行政の役割があると思うのだが(どうも仙台の教育委員会は知育偏重のようだ)。

 二つ目は、経済界のご意見番という立ち位置になるのだろうか? 里村委員が学力検査の目標値について質問した。どのように設定しているのか。目標値と比較して何がわかるのか。統計的処理と言えるのかなどなど。ところが教育委員会事務局の説明は要領を得ない。傍聴している私もよくわからない。そのうち里村委員も「私の質問に答えていない」と苛立ちを隠しきれない様子に。そもそも目標値の設定は、学力調査を請け負ったテスト業者が実際には行っていることであって、自分たちが議論して設定しているわけではない。要するに業者任せなわけだ。本人たちがうまく説明できないのも頷ける。しかしながら、それでいいわけではもちろんないはずだけど。経済合理主義の精神に長けた里村委員からするなら、こんな曖昧でよくわからない学力検査に多額の予算を使うこと自体が理解に苦しむことだったろう。しばらく粘り強く質問していたが、もうこれ以上質問しても生産的ではないと判断されたのか「目標値についてはきちんと説明できるようにしてほしい」と要望を述べて話を終えた。傍聴している私もショウモーない議論に消耗した。わかったのは、実施している教育委員会も説明できないような学力検査で、子どもたちもそして学校も振り回されているということだ。

 それにしても学力という言葉は、魔法の言葉だ。「学力が・・・」と言われると、その中身がどのようなものかとか、それが本当に意味あるものなのかどうかなんてことはそっちのけで大変だと大騒ぎになる。そろそろ「学力」幻想から目を覚まして、冷静に教育のあり方を議論してもよいのではないだろうか。(キヨ)

秋のこくご講座・ご案内

 夏休みこくご講座に続き、『秋のこくご講座』を10月13日(土)13:30~/フォレスト仙台ビル2F会議室 で行います。

 第1部では、前研究センター所長の春日が、教師が教材(作品)と出会うために、物語のどのような言葉や文章に気をつけて読んだり、考えたりすることが大切なのか。第2部で取り上げる「大造じいさんとがん」、「手ぶくろを買いに」などにも触れながら、その勘どころや目のつけどころについて話をします。

 第2部では、5年生教材「大造じいさんとがん」、3年生教材「手ぶくろを買いに」をもとにして、授業づくりを考えます。お気づきの方もいると思いますが、実は「手ぶくろを買いに」は、東京書籍の教科書では付録扱いとなっています。何でそんな付録教材でやるの~との声もあるかもしれません。ですが教師は、教材と子どもたちをどう出合わせ、そして教えるかという力量だけでなく、子どもたちにどのような教材と出会わせるか、その教材そのものを吟味する力量も問われます。「手ぶくろを買いに」は、3年生の子どもたちにとてもよい作品だと思います。そこで、あえて今回は「手ぶくろを買いに」で授業づくりを考えることにしました。作品の良し悪しを見分ける眼力と、教材の幅を広げるよい機会です。ぜひ、奮ってご参加ください。お待ちしてます(事前の申し込みは必要ありません。当日、会場にお出で下さい)。

        f:id:mkbkc:20180913132001j:plain

子どもたちの目の光に、私たちは何を思うか

 いま、「スローライフ」(筑紫哲也著)を読み返している。2006年初版である。
 ここしばらく、時間はあるのに、何をやっても長つづきしないので、古本屋通いも止め、書棚の本をなんとなく引っ張り出している。そんな自分が嫌で早く今の自分を抜け出したいと思っているのだが。
 先日、先輩のNさんの便りに「涼しくなり、なんとなく気力も体力も湧き出てきて、仕事ができます」と書いてあり、刺激は強かった。
 ところで、「スローライフ」に筑紫さんは、次のようなことを書いていた。

 私もその一人だが、外国に長らく滞在する日本人が増えている。しかし、生活または滞在する先はさまざまで、そこでも体験もさまざまだ。ところが、その人たちが、久しぶりの故国での見聞でひとつだけ一致することがある。「こんなに目に光のない子どもたちが多い国は世界のどこにもない」という点である、と。

 外国暮らしをしたことのない私は、比較した見方はできないが、この話には(そうだろうなあ・・)と思う。「キレキラした目」は子どもをいう言葉と言ってよい。子どもの「目に光がない」ということは、子どもの姿はしていても、本当の子どもはどこかにいってしまったということになる。たいへんなことだ。たいへんなことなのに誰も騒がない。

 これを読んで、20年前のある日の夕方を思い出した。
 私の最後のクラスは4年生だった。このクラスの遊びのチャンピオンはW君だった。やることのひとつひとつが本当におもしろかった。ムカシの子どもが目の前にいるようだった。
 辞めて2~3か月後ぐらいだったろうか。夕方、隣の学区をひとり、人が変わったような歩き方で歩いてくるW君に会ったのだ。聞くと、「塾に行く」と力ない言葉で返事するのだった。およそ私と一緒の時のW君ではない。体を弾ませて一日中暮らしていたのだから。(Wちゃん、あなたもか)と思いながら、うまく言う言葉も見つからず、「暗くなってきたから気をつけてな」と言って別れたのだった。

 筑紫さんは、あとのページで、次のようなことを書いている。
 自分のニュース番組で党首討論をやったことがある。その時の第一問は「この国では子どもたちがまちでも野原でも遊んでいない。こんなに目に光のない子どもたちが多い国は世界のどこにもない。そのことをどう思うか、どうするつもりか」だった。党首たちはどこまで専門家だったかはともかく、明快な答えは誰からも出なかった、と。

 このニュースは見た記憶はない。でも、明快な答えが誰からも出なかったというのは想像がつく。
 とは言いながら、それでいいと思うわけではない。
 子どもの目の光を、子どもの近くの人々でどのくらいの人が気にしているだろうか・・・。
 「スローライフ」から10年以上経つ。子どもをとりまく環境はますますひどくなっている。ヒトが人になっていくにはどうすればいいのかこそ私たちの責任として真剣に考えたいものだ。( 春 )

季節のたより11 オオバコ

踏まれて生きる ふしぎな植物

 オオバコは北海道から沖縄まで日本のどこにでも見られる植物です。その暮らしぶりは変わっていて、人に踏まれることで分布を広げるというふしぎな生き方をしています。

 f:id:mkbkc:20180915184038j:plain
 蔵王連峰の屏風だけの尾根道で見たオオバコ(右)。こんなところにも生えていま
   す。
白い花(左) は高山植物のミヤマトウキ。

 オオバコの大きな葉はやわらかですが、葉のなかに丈夫な5本の筋がとおっていて、人や車に踏まれても破けないようにできています。花をつける花茎は外の皮はかたく、なかはやわらかいので、しなって簡単には折れません。また、斜めに伸びているので踏まれても衝撃をかわすことができます。
 その性質をうまく利用して、子どもたちは昔からオオバコを格好の遊びの材料にしてきました。
 花茎をひっこぬき、二つ折りにして互いに引っ張りあい切れたほうが負けになる「オオバコ相撲」。葉の葉柄をちぎって下から白いひげのような筋が何本残るかを競う「ひげ比べ」。葉をよくもんで葉柄の元から息を吹き込みカエルの形をつくる「げろっぱづくり」。どれも楽しい遊びです。

 葉をちぎられたり、花茎をひっこぬかれては、さぞオオバコも迷惑なことでしょう。
 ところが、オオバコの茎は短くて土のなかにもぐったままなので、踏まれても他の植物のように茎が折れるということはありません。根も硬い地中に深く枝分かれし伸びていて、ぬこうとしても葉だけちぎれてしまい、根はそのまま残ります。だから、一週間もすると茎から小さな葉が生えてきて成長していきます。オオバコは次々と新しい葉を再生させることができるのです。

f:id:mkbkc:20180915190258j:plain f:id:mkbkc:20180915190357j:plain
   何度でも葉を再生させるオオバコ        オオバコの花

 オオバコにとって子どもたちの遊びは、想定内のこと。実は歓迎する相手なのです。
 オオバコの花が咲きだすのは9月。やがて小さな実ができます。実はカプセル状になっていて、この中に小さな種がたくさん入っています。その種は水にぬれるとゼリー状の粘液を出す性質をもっていて、地面に落ちて露や雨にぬれると子どもたちの靴にぴったりはりつきます。種はそのまま遠くまで運ばれ、乾くと地面に落ちるようになっています。
 オオバコは、昔から子どもたちの遊び相手になりながら、ひそかに種の運び屋になってもらい、分布を広げていたのでした。

 f:id:mkbkc:20180915190906j:plainf:id:mkbkc:20180915191000j:plainf:id:mkbkc:20180915191104j:plain
   花を訪れるハナアブ    カプセル状の実    実のなかのオオバコの種

 種の運搬は子どもたちに限りません。田舎道や山道のわだちの真ん中や両側に生えるオオバコは、車のタイヤが運んだものです。蔵王連峰などの高山の山頂に見られるオオバコは、登山者の靴が運んだ種が育ったものです。オオバコは乾燥にも低温にも強いので、高山から海辺まで、つまり人や車が訪れたところなら、日本全国いたるところでオオバコは見られるということなのです。

 f:id:mkbkc:20180915192037j:plain
       山林の車道、真ん中はすべてオオバコです。

 オオバコの弱みはなんでしょう。それは、人に踏まれなくなることです。
 踏みつけがなくなるとオオバコ以外の植物は茎を上に伸ばしてぐんぐん大きくなります。草むらのオオバコも葉を大きくしますが、茎を伸ばして上に伸びることはできません。やがて、他の植物の葉におおわれ光が届かなくなり枯死してしまいます。適度な人の踏みつけのある場所が、オオバコの生存できる絶対条件なのです。
 オオバコが生きていくための大切な協力者は子どもたちでした。今は野原や草原で遊ぶ子が少なくなっています。オオバコにとっては最初の危機でしょう。もし人類が消滅し人の踏みつけが消えたとき、オオバコもまたともに消える運命にあるのですから。

  f:id:mkbkc:20180915192407j:plain  f:id:mkbkc:20180915192436j:plain
    草むらに育つオオバコ        踏まれないと大きくなるが、他の植物の
                           葉かげになり、消える運命に。

 かがくのとも138号 「おおばこ」(菅原久夫著、 福音館書店)は、オオバコの生き方をやさしく紹介している絵本です。この絵本を元に、草花の生き方を考える授業にとりくんだことがあります。(授業報告・「オオバコのひみつ」(教育文化・472・473号)
 子どもたちは、踏まれながら生きるオオバコの生き方にとても興味を持ち、みんなで手分けして学区内のオオバコ分布地図を作ってみました。オオバコは通学路や遊び場など、人が適度に踏みつける場所にみごとに分布していました。
 オオバコが自然界でどう生きているかを知るということは、人とちがう生き方をしている植物の生き方にふれるということです。それは、人も植物もこの地上でともに生きているという〈いのち〉への共感のまなざしを育てることになるでしょう。
 〈自然〉を人の都合にあわせて利用するのではなく、〈自然〉が見える子に育ってほしい。これからの教育への願いです。(千)

春さんと本との話

 しばらく前から、私の蔵書は、邪魔者扱いされている。それもわかる。家の中に隙間があると、本がすぐそこに居座るからだ。先日、故あって、一部屋を緊急に撤去しなければならなくなり、何をどこになど考えることなく、そちこちに運び去られた。 
 いま、仕事をしようとして、何がどこにあるか探しかね、大いに苦労している。自分以外には、家の中をゴミで埋めているとしか思われていないのだから、家人に聞くわけにもいかない。本が「ここだ、ここだ!」と言うわけでもないのだから、仕事がいっこうにすすまない。

 こんな時、必ずうかんでくることがいくつかある。
 まずAさんである。本を集め出したきっかけは就職した年にある。そこで、学習用品を学校に入れていたAさんと雑談しているうちに、Aさんが、手取り7500円程度の私を哀れに思ってか、「欲しい本を私が買ってきましょう。払いはボーナスでいいです」といってくれたのである。そのうえ、Aさんは、清算のとき1割引いてくれた。学校が変わっても、つごう4年間、Aさんはつづけてくれたのである。日本・世界・古典文学全集はそのときのものである。

 次は、「果てなき旅」で大佛次郎賞を受賞した日向康さんのお宅を訪ねたときのこと。日向さんは、林竹二さんのお弟子さんで、仙台市向山に住んでおられた。
 宮城民教連冬の学習会での講演をお願いするためにお宅をお邪魔したのだった。
 玄関が開いたら、奥の茶の間から玄関まで、たたきの部分を除いたすべてが図書の山なのである。日向さんは、その図書の山の間をくぐるように現れ、日向さんと私は、ほとんど体を接するように並んで腰を下ろし話し合ったのだ。あの図書屋敷は今も忘れることができない。競争心が燃えたわけではないが、うらやましかったこと! 本集めに火がついたといってよい。
 「果てなき旅」上下巻とも、その冒頭に、「この書を林竹二先生と島田宗三老に捧げます」とある。

 次に忘れることのできないのは、蔵書の量ではなく、読書量が生んだであろう「ことば」の思い出である。
 岩手の中学校Kさんの最後の授業参観に行った。教材は「鼓くらべ」(山本周五郎作)。私はKさんを知って以来、Kさんの仕事を必死に追いかけてきた。また、多くをしゃべらないKさんだが、その話は聞き洩らさないようにしてきた。
 授業後の検討会は、場所をかえて、近くの温泉でもった。その検討会のなかでの作品論で、群馬から参加したSさんが、「なぜ、あの作品をとりあげたのか。ぼくには鼓の音が聞こえてこない。」と言ったのだ。山本周五郎は私の大好きな作家だから、私は取り上げた「鼓くらべ」を喜んでいた。そこに、「鼓の音が聞こえてこない」とSさんが言ったのだ。私はびっくりした。
 教科研国語部会の機関誌「教育国語」が、毎号掲載した「読み方定期便」というページで、作品(教材)を提起してきたが、その作品はSさんの手で選ばれたものと聞いたことがある。どれもすばらしい作品で、この雑誌の読者でなければお目にかかることなく終わっただろうものばかりだった。
 「鼓の音がきこえない」と定期便が私の中で結びつき、「読む」ということをあらためて強烈に考えさせられたのだった。そして、(Sさんはどうしてこのような人になったのだろう、多くを読まずにこうなるはずはないだろう、オレも読まなくちゃ)と私は大いにあおられた。
 しかし、わたしの書棚に目をやれば、Sさんの仕事と結びつくような読書でないことはだれにも一目でわかってしまう。

 でも、簡単に廃棄などという気にはならない。大きな大きな悩みだ。( 春 )

夏の講座・あれやこれや

 この夏、センターが主催した『夏休みこくご講座』と、ついこの9月1日(土)に行った『第2弾 算数授業づくり講座』の報告をします。どちらも多くのみなさんに参加いただきました。ありがとうございました。

 さて8月3日(金)に行った『夏休みこくご講座』は、実はちょっとしたハプニングが・・・。1つは、私自身が準備中に足を怪我してしまい、急遽病院に行くことに。もう1つは、後半の分科会で話題提供していただく予定の先生から、緊急の用事が入って時間までに間に合わないかもとの連絡が・・・。しかし、そこは人生における幾多の困難を乗り越えてきている事務局のみなさんの機転を利かせた対応によって無事講座を行うことができました。参加者のみなさんには至らない点もあったかと思いますが、お許しください。そして次回以降も、ぜひご参加下さい。

 f:id:mkbkc:20180903134352p:plain

【 参加者感想から 】
・春日先生の最後の「みんなと一緒にいるからいい場所と思わせるのが勝負」
 という言葉が印象に残りました。絵本の力、ことばの力を感じました。
・国語についてさまざまな思いを持った先生方が集まって話し合うという興味
 深い企画でした。それぞれの実践からのお話が大変参考になりました。
・兵十は火なわ銃をうたないといいなあと思いました、という子どもの感想に
 ❝物語の結末を知っているのに、こんな感想を書くのだなあ、すごいなあ❞
 と気づけるようになりたいと思いました。改めて「ごんぎつね」という作品
 のよさを知ることができました。
・サラダで元気、絵本か教科書か? 悩むところですが、今日は絵本のよさを
 すごく感じました。俄然1年生の担任をしたいと思いました。
・教科書と絵本の比較は自分でもやりたくてもなかなかやれないので、今回の
 企画はとてもおもしろかったです。やっぱり絵本はすてきだなあと思いまし
 た。教師が本質を知っていることの大切さが身にしみました。

//////////////////////////////     //////////////////////////////     //////////////////////////////

 第2弾『算数授業づくり講座』の方は、これからかけ算の授業が具体的に始まる2年生の先生や、前回の講座に参加してくれたリピーターの先生などを中心に行われました。最初は緊張気味の方もいらっしゃいましたが、気さくで明るい講師の林さんの人柄とグループごとの教具づくりの活動が、次第にみなさんの緊張を解いて和気あいあいの楽しい講座となりました。
  f:id:mkbkc:20180903153337p:plain

【 参加者感想から 】

・2年生の担任をしています。大人でもわくわくするような教具・授業実践、
 これからの九九の勉強が本当に楽しみになりました。九九だけではなく、算
 数の授業で使えるようなポイントがたくさんありました。
・前回の位取りハウスもそうでしたが、子どもたちの生活経験から学習問題へ
 結び付ける発想が今回もすごいなあと思いました。2年生のかけ算の大切さ
 は、中・高学年を受けもつほど感じることが多くなってきました。今度2年
 生を受け持つ際には、今回の講座の実践に挑戦してみたいと思いました。
・私の小学2年生の時のかけ算の内容は、九九を繰り返し暗唱させ暗記するだ
 けという印象が強かったです。「くるくるボックス」や「かけ算計算器」を
 つくり、活用することで、1あたり量やいくつ分の数がより理解できると分
 かりました。(学生)

「東北の教育的遺産」が縁結びの神様に              ~インターネット時代の効用?

 先月末のことである。午後に突然見知らぬ青年がセンターを訪れた。聞くと、宮城教育大学を会場に開催されている日本教育学会に参加のため来仙した早稲田大学の大学院生とのこと。学会開催中にネットで検索していたら、『東北の歴史的遺産』が目にとまり、どのような本か関心が高まり、昼休みに学会を抜け出してきたとのこと。さらに彼は大学卒業後、高知の新聞社に就職したが、「教育分野」の研究を続けたく、退職し大学院へ進み、鈴木道太の研究中だと話してくれました。センターの書棚から鈴木道太の著書などや鈴木道太にふれた本を取り出して紹介すると、「これは初めて読みました」と話は次々と展開。以前、カマラードに連載した「あの頃を語る」という鈴木道太を囲んでの座談会の記録もぜひ読みたいと。ちなみに彼が大学院で鈴木道太に注目したのは、早稲田大学で鈴木道太研究を進めていた、増山均教授との出会いからだという。
 また必要な時はぜひ仙台へと誘うと、また近日中に宮城にくるというのです。何と白石市の市民図書館に『鈴木道太コーナー』が特設されていて、彼の直筆の原稿や私信、年賀状などが展示されていると教えてくれました。宮城に住んでいながら知らずにいた自分が少し恥ずかしく思ったのでした。ちなみに白石は鈴木道太の出身地です。
 県内のみなさまにも、鈴木道太がどのような人だったのか知って欲しい。そして彼の書いた著書などを読まれるといいなあと思った一日となりました。
 それにしてもインターネット時代の効用(?)に改めて驚いたのでした。

縁結びの神様となった8月発刊の「東北の教育的遺産」もぜひ読んでいただければうれしいです。電話での注文を受け付けています。センターのホームページの問い合わせのフレームからでもOKです。 <仁>