mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

「冬の学習会」を振り返る ~ 多くの仲間と子どもに支えられて ~

 今年は宮城民教連「冬の学習会」に参加した。学校現場の現状を知らずにものをしゃべったり、批判的に聞いたりする自分を、そのような場に置くことをしぜん避けるようになっている。(どんな時代であろうと、大事なものは大事だ)という思いをもつものゆえ、しぜん足が重くなってきている。

 宮城の「冬の学習会」は、今年が63回だという。よくぞつづいているものと思う。つづけている人たちに感謝だ。
 「冬の学習会」の歩みについてのきちんとした記録は残っていないが、1952年を第1回とする夏の東北民教研集会後に冬は各県でもつようになったものであり、1955年が宮城の第1回「冬の学習会」ということになるのかもしれない。

 話は夏の東北民教研にとぶが、第1回会場は宮城で、連坊小路小学校でもたれた。鈴木道太・佐々木正・大村榮・佐藤九二一・宮崎典男・小泉定光らが呼びかけ人になり新潟を含む東北各県に働きかけ、準備会をもって本集会をもっている。

 宮崎典男の記録によるとその時の集会予算は次のようだった。
 ・収入―5万円(・宮教組からの後援費1万円、・東北5県教組2万円、・会費
         2万円「宮城参加者のみ、1人200円」)
 ・支出―5万円(・講師関係2万5千円、・会場費5千円、・プリント2千円、
         ・接待3千円、・通信宣伝1万円、・準備5千円)
 ・参加者についていうと、「岩手宿泊班は本部のご案内の好意で教養学部(尚心
  寮)へ。1泊50円、食事は米2合持参で1食60円(米なきときは80円)。毛布
  持参。」 と大会ニュースにみられる。

 このこと1つ見ただけでも、参加する方も準備する方もたいへんだったことがわかる。参加者は180人だったそうだ。会場校校長が左遷されたという話まで残るようだ。このような出発をした「東北民教研」であり「冬の学習会」であった。

 この第一回東北集会を書きつづけたら尽きないので、今年の冬の学習会にまたもどる。
 今年私が参加した理由は2つ。1つは、「センターの部屋」の椅子を一つでも埋めること。もう1つは、国語分科会での仕事を言いつかったことだった。
 「センターの部屋」は、3人の報告者の話がよくて、気持ちよい時間を過ごすことができた。

 問題は国語の方。これまで私は人前で話をして1度もうまくいったためしがない。今回受けた時も、そうなることは覚悟の上だったのだが、そのとおりになってしまい、翌日は疲れがドッと出て、1日中、ゴロゴロして過ごすことになってしまった。なぜか。
 力のなさの一言に尽きるが、用意した内容が完全に場にふさわしくないものであったことも大きい。なんと、前に座る人たちにはほとんど不要かもしれない内容を用意したことになってしまったのだ。その心配がなかったわけではなかったが、与えられた任務をまともに考え、柔軟でなかった。考えるために取り上げた素材を、その場で変える勇気も力もなかったと言える。あまりに情けない。

 それでも、こんな時いつも助けてもらうのは、かつての子どもたちが書き残してくれたものだ。かれらの書いたものは私の中ではいつまでも古びない。いつでも使えて考える教師の仕事を考え合うための材料になってくれる。そのたびに、(子どもってすごいなあ)と思いつつ、教員であったことを幸せに思う。

 今年も彼らに感謝しつつ、私の「第63回冬の学習会」は終わった。( 春 )

第4回 いじめ問題再調査委員会を傍聴して

 昨年、年の瀬も押し迫った12月27日、17時からの開催! 何でこんな時期に、こんな時間帯で行うの?・・・と思いながら、すでに暗くなった道をいそいそと「いじめ問題再調査委員会」の傍聴に行きました。

※ 同委員会は、2016年に起きた南中山中の男子生徒のいじめ自死をめぐり、その事実関係等を調査していた仙台市教委の第三者委員会「いじめ問題専門委員会」の答申を、遺族側が不服・再調査を求めたことから、改めて再調査を行う委員会として市長部局に設置されたものです。 

 河北新報(昨年12月28日付け)は、同会議を「調査手法 また決まらず/ 南中山中自殺 再調査委 公開で会合」と題して報じています。12月22日開催の「いじめ対策等検討専門家会議」の記事より、ずいぶん小さい記事ですが、次のようなことが述べられています。

・9月の初会合以降、3ヶ月経っても実質的な調査に着手できていない。
・今回から原則公開されることになった。
・再調査委員会は、再調査の原因となっている仙台市教委のいじめ問題専門委員会
 の答申の不備等を確認するため、いじめ問題専門委員会との会合を求めているが
 実現していない。
・当時在職した教職員からの聞き取り調査を行う方針を確認、しかし対象や聴取内
 容は決まらない。

 すでに4回目の会議を迎えているにもかかわらず、会議は進展せず行き詰まっていることが記事のタイトル「調査手法 また決まらず」からや、会議の実情が「着手できていない」「実現していない」「決まらない」と、ないない尽くしからも明らかです。唯一、評価できる会議の「原則公開」も、今回まで決められてこなかった状況を考えれば、決して褒められたものではありません。

 そのような状況にあるのですから、新聞が辛口の記事を書くのは当然です。しかし、その一方で同委員会は、これまでの第三者委員会では見られなかったようなやり取りや議論が行われているのも事実です。それらについて新聞マスコミはどこも報じていないようなので(触れているところがあったらごめんなさい)、そのあたりを中心に以下に感想をと思います。

   f:id:mkbkc:20180116164953p:plain

 一つは、先に上げた仙台市教委のいじめ問題専門委員会との会合がいまだ実現していない件に関わって事務局に対し厳しい注文と意見がなされたことです。会議でのやり取りによれば、仙台市教委のいじめ問題専門委員会との会合を持つことは、第1回会議ですでに合意・確認されていたことのようなのです。ですから委員が、今回に至るまで事務局は何をしていたのかと不信に思うのは当然です。会議では、事務局の仕事をしていないのだから、そこ(事務局席)に座っている必要はないと、厳しく意見される場面も。これまで傍聴してきたほとんどの第三者委員会は、事務局がお膳立てした議論の方向と内容を追認していくのが通例でしたから、このようにストレートに事務局に意見をする場面を目にしたことはありませんでした。大変驚きましたが、会議に多くの労力と時間を割いて出席している委員からすれば、当然といえば当然です。

 これに対して事務局を担っている子供未来局は、「合議体による結論で委員個人として答えにくいとのことだったが、改めて委員長らに出席を要請する」と返答しました。他方で、事務局の子供未来局からすると、教育委員会の管轄にあるいじめ問題専門委員会の出席については出席の要請(お願い)はできても、役所の縦割り行政のなかで出席を強制することはできず困っているというのが、もう一つの実情ではないかとも推察します。直接の事務局である子供未来局はもちろんですが、仙台市教育委員会もここまでことを大きくしてしまった責任・当事者の立場として、積極的で協力的な対応が求められているように思います。
 昨年の流行語大賞には「忖度」が選ばれましたが、事務局と委員の間で忖度なく率直に真剣なやり取りが行われるのはとても大切なことです。事務局と仙台市教育委員会は、しっかり取り組んでほしいと思います。(事務局の肩を持つ必要も、私が自責の念を感じる必要もないのですが、思わぬ会議の事態に自分が叱られているようでハラハラしながら傍聴しました。)

 二つ目は、「いじめ」の定義をめぐっての論議があり、大変興味深いものでした。ある委員が、文科省のいじめ定義は、子どもと子どもの間の関係で行われる行為でしか考えていない。しかし、教師が子どもを苦しめていることもあるし、学校が子どもをいじめる、そういう場になっていることだってあるのではないかというのです。それを受けて他の委員からは、そんなことを言ったら、この委員会で文科省を批判することになるかもしれないけど・・・大丈夫なのか? そこまで再調査委員会でやるつもりはあるのか?というようなやり取りがありました。
 いじめを再定義しつつ、その再定義を含めていじめ自死に取り組もうとする姿勢は、単にいじめ対策に終わらない、いじめの原因がどこにあるのかを子ども個人の資質に還元せず、学校教育という今の教育そのもののあり方も含めて考えようという、ちょっと大袈裟ですが、いじめの見方をめぐるコペルニクス的転回を感じました。いじめという事象を掘りさげて考えるという視点の提起に関心を持ちました。

 三つ目は、当時在職した教職員からの聞き取り調査についてです。報道されているように、その対象や聞き取り内容は決まっていないとのことですが、ぜひやってほしいと思います。会議の中では、多くの委員がこの聞き取りを誰がするのか? をめぐり戸惑っていたようですが、委員自らが行うのがよいのではないか(筋では)と思います。委員のみなさんがここで躊躇しているようでは、この再調査委員会の本気度が透けて見えるというものです。カウンセリングなど専門的な知識や方法を知らない、持っていないから躊躇されるのかもしれませんが、各委員が教職員のみなさんときちんと向き合うという姿勢を示すことが、先ずはとても大切なことなのではないでしょうか。教職員もいじめ自死が起きた当初は、さまざまな理由で語れなかったことも、時間が経つことで語れるようになる、語りたくなるということはあるように思います。この再調査委員会のやる気度とその度量が問われていることのように感じました。

 ところで、実はこの委員会の最大のユニークさ・特異性はどこにあるのか?というと、それはもしかしたらdiary冒頭で不平を漏らした会議時間の設定にあるのではないかと・・・? そんな気になり始めています。そして、そのユニークさは何を意味しているのか? と言えば、傍聴者(正確には、仙台の教職員をはじめ教育関係者や保護者、そして仙台市民)も一緒に、このいじめを本気になって考えよう解決しようと呼びかけているのではないかと・・・。その具体の現れが、就学している児童・生徒の多くの働く保護者や教職員、そして仙台市民がなるべく傍聴できる(可能な)日時による夜の会議設定ではないかと思うのです。ゆえに新聞が伝えていたように、会議は「原則公開」とすることが何にもまして譲れない大切なことなのではないでしょうか。ある意味、私たち仙台の人間の本気度が試されていると言えるかもしれません。ちなみに次回会議の開催日時は、1月20日(土)17時~21時 と、やはり前回同様に夜です。

 以上は、私のこの会議についての感想であり、見方にすぎません。そして新聞が伝えるように、この委員会は未だまったく機能せず混迷した状況にあります。しかし同時に、混迷しつつもこれまでの第三者委員会には見られなかったやり取りや議論に期待したいと思います。もちろん傍聴できるときは、一人の市民としてこれからも参加したいと思います。( キヨ )

冬の学習会・報告  ~ 授業のおもしろさ・むずかしさ ~

 1月6日の冬の学習会では、午前中『センターの部屋 授業のおもしろさ・むずかしさ』と題して講座を行いました。

 センターの学習会やつうしんで話題提供や報告をしてもらっている佐藤正夫さん、中地純さん、小野寺浩之さんの3人の方から、改めて自分の授業づくりについて語ってもらいました。

 佐藤さんは、2年生で取り組んだ文学作品『えんぴつびな』の報告をしてくれました。『えんぴつびな』は、教科書には載っていない自主教材です。なぜ教科書に載っていない自主教材にこだわって子どもたちと授業をしたのか。そう思うに至った経緯や思い、そして授業のなかで子どもたちが見せる姿や発言など、具体の授業場面に触れながら話をしてくれました。

 中地さんは、3年生理科の「チョウの飼育」についてです。デジタル教材や様々な視聴覚教材があるなかで、どうしたら実際のチョウの羽化の瞬間を子どもたちに見せてやれるだろうか。その感動を子どもたちに味あわせたい。そのような思いを持って様々な工夫を凝らし取り組んだ内容を実際に使った教具なども紹介しながら報告してくれました。

 小野寺さんは、一時は石川啄木いのちの人でした。啄木に関するあらゆる本や資料を読み、そして啄木の足跡を追っかけていました。しかし、小学校国語のなかで短歌や俳句に使える授業時間は多くありません。そのなかで俳句や短歌の世界のおもしろさを子どもたちにどう伝えるのか、同時に子どもたちと、どう俳句や短歌づくりを楽しむのか。学年の先生たちと協力して一緒に取り組んだ内容を話してくれました。

 3人の話を聞いて、やっぱり目の前の子どもたちときちんと向き合うこと、そして教師としてのこだわりを持つこと。そのことの緊張関係から授業が創造されるのだということを強く感じました。短い時間でしたが、今年最初の充実した時間となりました。

 年明け早々にもかかわらず快く報告してくださった3人のみなさん、ありがとうございました。(キヨ)

        f:id:mkbkc:20180110093542p:plain

第3回 仙台市いじめ対策等検証専門家会議を傍聴して

 年末、いじめに関する仙台市の2つの委員会を傍聴しました。一つは、仙台市のさまざまないじめ対策が十分かを検証する「仙台市いじめ対策等検証専門家会議」(12月21日開催)、もう一つは泉区の南中山中で起きたいじめ自死の再調査を行う「いじめ問題再調査委員会」(12月27日開催)です。

 どちらの委員会とも順調に進展しているとは言いがたい状況でした。河北新報は、それぞれの会議について記事を書いていますが、見出しは「いじめ防止 来月1次提言 仙台市・専門家会議 議論深まらず」(12月22日付)、「調査手法また決まらず 南中山中自殺 再調査委 公開で会合」(12月28日付)といった具合です。低調な議論にマスコミもイライラしていることが伝わってきます。以下、記事を引用しながらの感想です。 

   f:id:mkbkc:20180109173202j:plain

仙台市いじめ対策等検証専門家会議】

 記事は、「同日の会議では学校運営に住民らが参画するコミュニティースクールの在り方に時間が費やされ、市内の中学生3人のいじめ自殺を基にした突っ込んだ議論に至らなかった。」と報じています。専門家会議の事務局からは、いじめ対策として学校と地域や保護者との連携が大切との立場から、主に学校支援地域本部の取り組みについて説明がありました。ところが、どういうわけか河北の記事が伝えるように、話し合いはコミュニティ・スクール中心に進んでいきました。

 いじめ対策として保護者や地域との連携が必要という一般論はわかりますが、学校運営の在り方全体の改変にも関わるようなコミュニティ・スクールの話が、なぜ唐突にこの会議で出てこなければならないのか? たいへん違和感を感じました。もし地域や保護者との連携が必要というなら、まずは既存の学校支援地域本部やPTAの在り方について、その現状と課題が話し合われるのが自然ではないでしょうか。また、ちなみにこれまで仙台市教委は、コミュニティ・スクールについてはどちらかというと消極的で、学校支援地域本部の取り組みを仙台カラーとして積極的に進めてきていました。そのような経緯も考えると、今回のコミュニティ・スクール導入の議論は、いささかいじめにかこつけて導入を促進したいとする(外部からの)作為性さえ勘ぐりたくなります。

 会議後半では、「仙台市は欠けているものはないぐらい対策をやっている。現在の施策を精査すべきで、絞り込みの発想が大切。(この点を)この会合のスタートとして確認したい」との発言もありました。だとするなら、屋上屋を重ね、制度いじりになりかねない新たなコミュニティ・スクールの導入などを軽々に口にするのではなく、これまでの対策について丁寧な議論をすべきなのではないかと感じました。

 また上記の委員の発言を会議の認識とするなら、十分な(すぎる)施策がなぜ有効に機能しないのか。理想論や一般論としてでなく、学校現場や教師の現状や実態をきちんと聞き、踏まえながらその対応を考えることがあってもよいのではないでしょうか。しかし残念なことに、この会議は仙台の学校現場について語れるメンバー構成とはなっておりません。専門的立場からものを言うことは大切だと思いますが、実態をきちんと踏まえないで大丈夫かと心配です。

 次回、1月12日開催予定の第4回会議では第1次提言の話し合いが行われるとのことですが、このような議論で提言がまとめられるとなると、たぶん事務局が主導作成した内容が出されるのでしょう。残念ながら、あまり期待はできそうにありませんが、頭からあきらめたり決めつけてはいけません。真剣な議論が展開されることを期待したいと思います。少々辛口の感想だったでしょうか。委員のみなさんの奮起を願っての感想です。

 自分の目と耳でじかに傍聴し、考えることはとても大切ですね。機会があったら、ぜひ皆さんも傍聴してみてください。

 ※ なお12月27日開催された「いじめ問題再調査委員会」の傍聴については、
  そのうち書きたいと思います。(キヨ)

今週末開催 アーサー・ビナードさん絶賛『コスタリカの奇跡』

 今日から研究センターに出勤。本格的に仕事が始まりました。
 まずは、今週末(1月13日・土曜日)に上映される映画『コスタリカの奇跡』の案内です。春さんや道さんが、昨年から上映準備に取りかかり、12月の宮城県母親大会の講演では、詩人のアーサー・ビナードさんが、この映画をぜひ見てほしいと絶賛していました。

 チラシによると、コスタリカは1948年に軍隊を撤廃、その予算を教育や国民皆保険制度の実現に振り分け国づくりしたそうです。
 中米コスタリカは、ニカラグアなど近隣諸国の不安定な政治状況やアメリカの影響力など米ソ冷戦時代はもちろん、その後も決して安定的とは言えない政情不安を抱えるのなか、様々な危機を乗り越えながら平和を維持してきました。日本も、北朝鮮情勢をはじめ平和をめぐって、現在多くの課題を抱えています。ぜひ、日本と同様に軍隊を持たないコスタリカが、どのように平和を築いてきたのか。私たちが平和について考えるうえで多くの示唆を与えてくれるのではないでしょうか。

 1日のみの自主上映ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく。(キヨ)

     f:id:mkbkc:20180109094452j:plain
 

新年に母を想う

 新しい年を迎えた。
 大晦日と元旦と、なにも変わらないと言えば変わらないのに、新年と思うだけで少し気分が引き締まる。そうやって一年一年を心新たに迎えるのも悪くないと思うのは齢のせいだろうか。

 一昨年3月には同居していた義母を、昨年2月に母を見送って、今年、初めて親のいないお正月を迎えた。義母95歳、母105歳の長寿だったので充分長生きしてくれたし、この年になるまで(?)親がいてくれただけでも凄いのに、もう会えないのだと思うとやはり寂しい。とりわけ、お正月のようにみんなが揃う機会には一層いない人が思われるのかも知れない。

 おせち料理を喜んでくれた二人はもういないけれど、今年もひととおりの準備をした。少しずつ省略しながら、これからもつくり続ける気がする。どんどん、くらしの中の「歳時記」がなくなっているような気がするから。

 話し好きの義母は折に触れて農家の日常のあれこれを娘時代の思い出話として語ってくれた。苦労話というでもなく、大地主の農家の育ちなのだが、それをひけらかすと言うわけでもなく、ただありのままの日常を。
 断片的に語られたそれらをつなぎ合わせると、春浅い時期から晩秋、そして雪に囲まれた長い冬ごもりの日々。季節の移ろいに合わせた暮らしぶりが一枚の「歳時記」のように見事だ。

 人間の営みがどんなに自然とともにあるのかも良く分かった。自然の恵みの何一つ無駄にしないくらしの潔さも。農業もまだまだ機械化されていない戦前の農家の日常。そこに感じるのは「豊かだなあ」ということだった。今の感覚で言う「贅沢」とは対極にあるような「豊かさ」だ。
 時には天候の異変で収穫もままならない年もあったようだし、閉塞的な村の暮らしにはきれいごとばかりではない側面もあったに違いないが、共同体としての、人と人の営みのぬくもりが確かに感じられる。

 仙台駅にほど近い街中に育った私だが、季節の変化に心を研ぎすまし、ささやかに野菜を育て、庭先の草花を楽しむ時間を大切に思う日常は、そうした義母とのつきあいの中で培われたように思う。( 道 )

明けましておめでとうございます

 今年の元旦も昨年に続き、よっちゃんと初詣ならぬ台原森林公園へ散歩に出かけました。空気は冷えて澄んでいて、凛と引き締まった気持ちで今年の朝を迎えました。とても町は静かで、みなさん元日の朝をゆっくり家で過ごしているのでしょう。
 目的の佐藤忠良さんの「緑の風」を目指して歩いていくと、2歳から3歳ぐらいの男の子が父親に手を引かれて向こうからやってきます。早起きの小さな息子にせがまれて散歩に出てきたのでしょう。男の子はにこにこ笑顔ですが、お父さんはまだ少し眠そうです。でもきっと、親子のいい思い出になることでしょう。少し心配なのは、息子が覚えているかですけどね。

 昨日から、仕事始めという方が多かったでしょうか。研究センターは、明日の冬の学習会から本格始動ということになります。みなさん、どうぞ今年もよろしくお願いします。(キヨ)
 f:id:mkbkc:20180105104226p:plain

 f:id:mkbkc:20180105104531p:plain