読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記です。

人間とは…科学とは…  心に響く対談

こまめに投稿という年度当初の決意はどこへやら。もう月末になってしまった。

 さて、先週4月22日に放映されたNHK番組switchインタビュー 達人達(たち)「福島智×柳澤桂子」の対談は心を強く打たれた。全盲でありながら世界で初めて大学教授となった東大教授の福島智さんと、こちらもまた難病と闘いながら思索と執筆を続ける生命科学者の柳澤桂子さんが、それぞれ自らの体験を交えながら「生きるとは何か」を語り合う内容だった。

 9歳で視力を、18歳で聴力を失った福島さんは指点字という方法で周りとコミュニケーションをとりながらバリアフリー研究者となった。一方、柳澤さんは女性の大学進学がまだ珍しかった時代に米国に留学し、最先端の遺伝子研究に取り組むが、31歳で突然、原因不明の難病に襲われ、以来、病と闘いながら生命科学について思索をめぐらせている。
 10年程前だったと思いますが、NHKのある番組で、少し元気になった柳澤さんが、有名な禅僧の方と対談された番組が放送されたことがありました。
 番組の中での柳澤さんは「この世は、分子の濃淡が違うだけである」と語り、いかにも生命科学者らしい言葉だなあとという印象をもったものでした。
 
 さて今回の対談では、番組の最後に、フランクルが名著『夜と霧』で書いたアウシュビッツの囚人が『何てきれいな夕焼け』と祈るように手をあわせたことを、「人間の脳の中には祈りの回路=DNAがある」「何に対してかといえば、私は神ではないと思っているから、それは宇宙です」と語り、「DNAの処理などはやってはいけない。畏敬の念をもつことは科学者の責任である」と結んだのでした。

 翌朝、書棚から『夜と霧』を取り出し、改めて読み直ししました。手元には1961年発行のものと、2002年新訳で発行の2冊があるが、ここでは後者の池田香代子さんの訳の方から抜きます。こちらには『壕の中の瞑想』と中見出しがついています。

 

 収容所で、作業中にだれかが、そばで苦役にあえいでいる仲間に、たまたま目にしたすばらしい情景に注意をうながすことがあった。…中略…今まさに沈んでいく夕日の光が、そびえる木立のあいだから射しこむさまが、まるでデューラーの有名な水彩画のようだったりしたときだ。あるいはまた、ある夕べ、わたしたちが労働で死ぬほど疲れて、スープの椀を手に、居住棟のむき出し土の床にへたれこんでいたときに、突然、仲間が飛びこんで、疲れていようが寒かろうが、とにかく点呼場に出てこい、と急きたてた。太陽が沈んでいくさまを見逃させまいという、ただそれだけのために。
 そしてわたしたちは、暗く燃えあがる雲におおわれた西の空をながめ、地平線いっぱいに、鉄色から血のように輝く赤まで、この世のものとも思えない色合いでたえずさまざまに幻想的に形を変えていく雲をながめた。<中略>わたしたちは数分間、言葉もなく心を奪われていたが、だれかが言った。
「世界はどうしてこんなに美しいんだ!」

 

 一方、対談相手の福島さんは、「科学は人間に幸福を提供するはずだった」と結びました。                                                                                                                      <仁>

フォト・ジャーナリストの安田菜津紀さん講演会を開催します!

 安田さんは、フォト・ジャーナリストとして、カンボジアを中心に東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を行い、また東日本大震災震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けています。
 また、TBSサンデーモーニングのコメンテーターとしても活躍されており、ご存じの方も多いことと思います。知り合いからは《安田さんが来るんだね。講演会、楽しみにしてるよ》と声をかけられたりします。

 安田さんは、『3.11を心に刻んで 2013』(岩波ブックレット)で、被災地での撮影について語りながら、「写真に出来ることはとても微力だ。けれども今シャッターを切るということは、失われた命に日々想いを馳せることであり、そして次の世代に残すことなのだ。自分が残している写真が次の世代の命を救う可能性が1%でもある限り、写真を撮り続けようと思う」と結んでいます。
 このような想いは、被災地のみならず中東をはじめ、世界各地での写真から読みとることができます。ぜひ、みなさんご参加ください。お待ちしています。

フォト・ジャーナリスト 安田菜津紀さん講演会
  私の出会った子どもたち
 ~アジアや中東、日本の被災地取材から見えてきたこと~

  • と き: 5月21日(日) 14:30~16:00
  • ところ: フォレスト仙台ビル  2Fホール
  • 参加費: 500円(高校生以下、無料)

 f:id:mkbkc:20170420173004j:plain

 

忠良さんの「緑の風」は、いま・・・

 年明けのdiaryに、台原森林公園にある佐藤忠良さんの彫像「緑の風」について書いて写真も載せましたが、あっという間にもうすぐ4か月が経とうとしています。早いなあ。台原森林公園の桜も咲いて、ここ数日の強風で散ってしまっただろうか。

 春の台原森林公園と、「緑の風」です。

f:id:mkbkc:20170421124625j:plain 

   春の風
               
 わたしの頬に きてさわる       わたしの窓を きてみがく
 やさしい風の ゆびさきに       やさしい風の ハンカチに
 花のにおいが しみている       きんのひかりが はねている
  ああ おかあさん もうきている    ああ おとうさん もうきてる
  いつかの丘に あの道に        いつかの山に あの空に
  春 春 春が もうきてる       春 春 春が もうきてる

 わたしの耳に きてならす
 やさしい風の おんがくに
 小鳥のうたが ながれてる
  ああ おねえさん もうきてる
  いつかの川に あの岸に  
  春 春 春が もうきてる

 

         f:id:mkbkc:20170421141355j:plain 

      アリ

     アリは
     あんまり 小さいので
     からだは ないように見える

     いのちだけが はだかで
     きらきらと
     はたらいているように見える

     ほんの そっとでも
     さわったら
     火花が とびちりそうに・・・

            (どちらも、まどみちおさんの詩 です)

平和、友好に必要なのは ?

 4月19日の新聞(朝日)に、「内閣府のホームページから災害教訓の報告書を、関東大震災時の「朝鮮人虐殺」記述への批判の声が多く削除した」という記事が載っていた。こういう記事を見たり、話をきいたりするたびに憂鬱になる。なぜもっと仲良く生きていけないのか。

 テレビは連日、北朝鮮とアメリカとのきな臭い話がつづいている。そのさなかアメリカの副大統領が来日。「平和は力によってつくられる」と言ったとか。『平和』について私のもっているイメージとのあまりの違いにあきれてしまう。

 これらのことが私に、以前読んだ心地よい話を思い出させた。

 辰濃和男さんのエッセー(2000年出版)の中にあった「ドイツ兵捕虜の遺産」で、四国遍路一番霊場霊山寺の近くにある「ドイツ館」にまつわる話である。
 著者は、その初めに次のように書いている。 

 「国際交流」とか「民際交流」とかいう言葉がはやらなかった80 年ほど前の話だ。このドイツ館のあたりで、捕虜だったドイツ人と土地の人の間に通い合う友愛があった。

 当時のドイツ兵捕虜のひとりがのちに土地の人に手紙を書いている。 

「私たちは捕虜でした。皆さんは戦勝国の国民でした。にもかかわらず私たちは心を通わせ、強く結ばれていました。友愛という一つの心に」

この話は、どういうことなのか、簡単に説明する。

 第一次大戦において、中国での5,000名近いドイツ兵の捕虜を国内に送り、この霊山寺近くの収容所には約200名、やがて1,000名にまでなり、約3年間暮らすことになる。

 収容所の所長は松江陸軍大佐。松江は捕虜にかなりの自由を与えた。小さな別荘を建てることも許した。遠足もあった。途中での水浴び、水泳も黙認した。水泳大会を開くこともあった。所内にはボーリング場もあった。オーケストラも編成された。土地の青年たちで楽器を習いたいという希望が出て、「音楽教室」ができた。菓子職人だったドイツ兵が土地の人に菓子つくりを教えた。その他いろいろの交流があるが略す。
 土地っ子たちは、親しみをこめて捕虜たちを「ドイツさん」と呼び、ドイツさんとよく遊んだ。
 捕虜のひとりは、「松江所長が私たちに示した寛容と博愛と仁慈の精神を私たちはみな決して忘れない」と言ったという。

 第2次大戦後、引揚者のひとりが雑草に覆われたドイツ兵の墓を見つけ、十数年、花を供えつづけた。それを新聞で知ったドイツ大使が墓参りに来た。それがドイツの新聞に載り交流が再開、「ドイツ館」が建つまでになったという。

 いい話だ。私にこの話を教えた人はいない。辰濃さんの本を読まなければ知らずに終わったことになる。

 えっ? 松江大佐はどうなったって? そこには触れずに終わりにしたかったのに。
 仕方ない。辰濃さんが書いている文をそのまま書き写す。 

 松江大佐のような人は、軍隊では異端者だったのかもしれない。大佐はまもなく少将になるが、49歳で予備役になる。この人事に不満を抱く多くの部下が陸軍省に抗議しようとしたのを松江少将は制止したとも伝えられている。

*「大佐」の定年は55歳、「少将」は60歳ではないかと思う。「予備役」とは退役者をさすので、昇進させながら退役させられたということになるように思う。残念なことだが、それでも、その措置に「不満をもつ多くの部下がいた」ことは救いになる。( 春 )

連続テレビ小説『ひよっこ』と、あいさつと

 4月からNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」が始まった。物語は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村で農業を営む一家を中心に、1964(昭和39)年の東京オリンピックが目前に迫った秋からはじまる。主人公の谷田部みね子(17)は、天真爛漫な高校生。不作の年に作った借金を返すため、父は東京に出稼ぎに行っている。みね子は父親が大好きなのだが、父は行方不明に。母は、みね子に心配させまいと、黙って東京へ夫を探しに行くが見つからず。今後どのような展開になってくのだろう・・・。

 さて、仕事で毎日ちゃんと見られるわけではないけど、たびたびドラマの中で交わされる「行ってきます」「行ってらっしゃい」、「ただいま」「お帰りなさい」というあいさつが、なぜか気にかかる。どうしてだろう?と思っていて気がついた。毎日の何げないあいさつが、実はこのドラマの隠し味なのではないかと。

 ドラマで描かれるのは、農村部から多くの男たちが出稼ぎ労働者として、あるいは中卒・高卒の若者たちが仕事を求め金の卵として故郷を後に都会へと出て行った時代だ。帰るべき故郷(ふるさと)を後に、必死に高度経済成長という特異な時代のなかを人々が生きた。「行ってきます」「行ってらっしゃい」、「ただいま」「お帰りなさい」というあいさつは、単に毎日交わされるあいさつという意味だけでない、このドラマが描く時代の有様や思いをさえ象徴し映し出しているのだ。

 あいさつが、ある時を象徴するという点では、震災のときもすごかった。知っている人に限らず、見ず知らずの通りすがりの人や買い出しで並んだ行列の人などとも「おはようございます」「こんにちは」「お宅は大丈夫でしたか」「お気を付けて」「今日は寒いですね」など、様々なあいさつが自然に交わされた。私も地下鉄が自宅の最寄り駅まで来ないため、しばらく2駅先まで歩いたが、その間に行き交う人とあいさつを交わして歩いたのを思い出す。そのうち顔見知りになって、お互い会わなかったりすると気になったりするようにもなった。

 あれから6年、日常生活の中からは震災の痕はほとんど感じられなくなった。それとともに、あいさつも消えた。あいさつが、単に日々の習慣やきまり、礼儀としてだけでなく時代の有り様や人々の思いをも映し出すのだとしたら、今の時代はどのような時代なのだろうか。そんなことをふと思った。(キヨ)

教育講演会のご案内

 ゴールデンウイーク初日の4月29日(土)、新年度が始まってちょうど1ヶ月、疲れもたまってゆっくり休みたい!、一息つきたいというところだと思いますが、2020年度から導入される改訂学習指導要領について名古屋大学の中嶋哲彦さんを講師に学習講演会が行われます。

 今回の改訂では、①子どもの学ぶ「量」も「質」も追及され、②「何を学ぶか」だけでなく、「どのように学ぶか」が重点となっていること、さらに③道徳の教科化や、英語教育が本格的に小学校に導入されるなど、学校教育のあり方が大きく変わると言われています。今回の学習指導要領改訂で、子どもたちの日々の生活や成長・発達はもちろん、学校現場はどうなっていくのでしょうか。

 アメリカのシリア空爆以降、北朝鮮問題などで「森友学園問題」に関するマスコミ報道は下火になってきていますが、実際には何も解決していません。報道で映し出された「教育勅語」の暗唱や運動会の様子にびっくりした人も多いのではないでしょうか。あのような教育や指導は、ほんの一部の特異な学校だけと思われるかもしれません。しかし、今回の幼稚園学習指導要領改訂のなかでは、幼児期の終わりまでに育ってほしい子どもの姿として「国旗が掲揚される様々な行事への参加や、運動会などの行事において自分で国旗を作ったりして日常生活の中で国旗に接し親しみを感じることにより、日本の国旗や国際理解への意識や思いが芽生えるようになる」ことがあげられています。このようなことを考えれば、森友学園の取り組みを対岸の火事として見ることはできないかもしれません。

 今回の学習指導要領改訂が、子どもや学校現場にどのような問題や課題をもたらすのかを学び、ともに子どもたちの健やかな成長と発達を育むために、何をこそ大切にしていかなければならないのか。みなさんで考え合いたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

    f:id:mkbkc:20170417093700j:plain

始業式に願う

2週間ぶりに家の前をランドセルを背にした子どもたちが歩いて行く。今日、仙台は小中学校の始業式である。
  3月のある日、センターに教え子であるKさんが来室。この4月から仙台市の小学校の教師になることが決定したとの報告だった。彼は学生時代からセンター主催の学習会にも参加したことがある。
 Kさんは今日、どのような気持ちで子どもたちの前に立ったのだろう。担任発表は子どもたちの視線が集中する瞬間でもある。
 この時期になると思い出すことがいくつかある。その一つに、40数年も前、新採で県南の僻地の小さな学校に赴任した2日目の事件がある。青空が広がり、南蔵王の不忘山が手に届くかのように教室の窓から見える。3時間目の社会科の授業で「学校の周りを探検に行こう。歩きながら町のことを教えてね」というと歓声が沸き上がる。「こっちに行くと役場だよ」「この信号機、去年初めて町にできた信号だよ」「あそこがオレの家」「ふきのとうだ。先生、これ食うとうまいよ」「んだ、んだ、天ぷらがうめえ」などなど、次々と話しかけてくる。30分も町中を歩き教室に戻ろうかという時に、その事件が起きた。小走りに先頭を歩いていたS君が坂道の土手を駆け上がりこっちを振り向きざまに滑り落ちたのだ。側溝のブロックに頭をぶつけたのか、額から血が流れている。意識はあるが、自分の方がおろおろしている。おんぶして学校にもどっていくと、教頭と養護教諭が走り寄ってきた。現場で傷口を確かめたり、おろおろしている間に、N君が真っ先に知らせに走ってくれていたのだった。町のたった一つの小さな診療所(医院)で2針縫って収まった。収まったというのは、何も問題にならなかったということだ。今では信じられないことだろう。教育計画にあるのか。事前に校外にでる許可はとったのか。指導案はどうなっているかなどなど、やかましいくらいに責められるに違いない。
 Kさんも、これからいろんな場面に出会うに違いない。一人で抱え込まず、近くの同僚に相談することも大切だ。学びながら成長する教師になって欲しい。<仁>