mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

二つの命愛しみつつ、悲しみ胸に想い継ぐ ~ 金子兜太さんを偲んで ~ 

 20日、金子兜太さんが亡くなった。98歳とのことだが、まだまだ生きていてほしかった。残念でならない。
 「天声人語」も「河北春秋」もそろって「水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る」の句を取り上げている。
 この句について金子さんは、「これは太平洋戦争に従軍し、日本への最後の引き揚げ船となった駆逐艦の甲板上で詠んだ句です。敗戦を迎えた旧南洋諸島のトラック島で1年3か月の捕虜生活を終え、最後の引き揚げ者とともに島を後にした。トラック島ではゆうに8000人を超える戦死者が出、彼らのために墓碑銘を建てました。駆逐艦の航跡が白い糸のように水脈を曳いていく。駆逐艦の最後尾で水脈と墓碑銘を交互に眺めていると“非業の死者”に見送られるように感じたのです。」と、著書『あの夏、兵士だった私』に書いている。
 私の父もトラック島だった。金子さんより少し早く帰国したが、土浦の病院からの連絡で母が迎えに行ったが、家には戻れず、そのまま仙台の大学病院に転院。病名はアメーバ赤痢。手術して人工肛門の生活に入った。短期間復職したが再発、父からはトラックのことは何一つ聞くことなく別れたが、その後本を読み漁るうちに、圧倒的に餓死者が多いなかで父が生きて帰れたのは(病気になったからだったのだ)と思うようになった。金子さんも、「サイパン陥落後は、餓死が日常当たり前の光景になっていった」「飢餓の状況に直面すると、『悲惨』などという言葉さえ空虚に感じる」と言っている。
 金子さんの話を読むことも聴くことももうできなくなった。
 いろんな集会で、何度か、金子さんの手になる「アベ政治を許さない」を掲げ持った。体に力が湧いてくる筆字だ。この書について金子さんは、「澤地さんから話があった。・・・『こっちからお願いしてもやらなくちゃ』と、一生懸命書いた。また、この日本を戦争のできる国にしようとしている。危険な道に引きずり出そうとしている。・・・『安倍』の文字はカタカナにした。『安寧』が『倍』になるなんてとんでもない。『許さない』の文字を大きくしたのも『こりゃあ危ない』と強く感じたから。・・・」と書いている。
 あの9文字に、金子さんのこんな想いが込められているとは考えなかった。
 「河北春秋」は、<津波のあとに老女生きてあり死なぬ>  の句で締めくくっていた。
 たいへん大事な方が私たちの列から姿を消した。
 私たちの知恵と力がますます問われる。
                               ( 春 )

第6回 いじめ問題再調査委員会について

 2月17日開催の上記委員会は、用事があって傍聴できませんでした。翌日の河北新報は、「発言応酬 議事打ち切り/ 仙台南中山中自殺 再調査委 空中分解もという見出しで協議の様子を報じ、さらに20日には「再調査 早期再開を/ 仙台 南中山中自殺で遺族会見」との見出しで遺族父親が早期の再調査委員会の開催を求める記事が掲載されました。再調査委員会の思わぬ方向への急展開にびっくりしましたが、このような事もさもありなんとも思っていました。これまでの審議には期待するものがあっただけに残念ですが、起きるべくして起きた事態とも感じます。

   f:id:mkbkc:20180220124238p:plain

 新聞記事の伝える状況については、実は17日の再調査委員会を傍聴していた知人のSさんからも聞いていました。Sさんの話と新聞記事をもとにすると、17日の会議は、おおよそ次のような状況だったと思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・
 協議の冒頭、村松委員長は《これまでの審議とこれからの進め方》についての見解を示し委員に諮りたいとし、本再調査委員会の責務について説明し出す。その説明を途中で野田委員が遮り《市長から委任されていることと違うのではないか》、《委員長はウソを言っている》などと発言。委員長は最後まで話を聞くよう求めるものの野田委員の発言は続く。村松委員長は、前回(第5回)の委員会で、市教委の第三者委員会(いじめ問題専門委員会)がまとめた報告の経緯を説明にきた大越裕光教育長に対し、野田委員が「あなたたちが(男子生徒を)殺したんだよ」と発言したことなどに触れ、《委員の発言はふさわしくない。委員会は社会的意義のあるものであることから、慎重で建設的な発言につとめることを旨としたい》と提案する。その提案をめぐり会議はさらにヒートアップし、収集がつかなくなったため休憩に入る。
 休憩後、村松委員長が《このような事態が繰り返されるようでは、具体的に審議に入ることは難しい。本日の委員会はこれで終了し、この事態を市長に報告し、判断を仰ぎたい》と発言。堀委員から《それは委員長の職権で決めることか、終了するかどうか委員の意見も聞いてほしい》との意見があり、委員長も了承し各委員の意見を聞く。《紛糾した件を棚上げにして、実のある協議を再開したい》《委員長がこれ以上進められないとの判断に至ったのであらば仕方ない》など賛否の意見が出されるが、最終的に《相手を困惑させ、威嚇し、侮辱するような発言がある中では難しい》として、委員長が職権で打ち切った。
          ・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・

 私は傍聴できなかったのですが、Sさんが再調査委員会を傍聴して思うところを寄せてくれましたので、以下にSさんの文章を掲載します。( キヨ )

 まずは、委員会としての議事進行の在り方に疑問を持ちました。委員の一人は、これまでも委員会の在り方に疑問をもち、委員長や事務局に対して委員会で確認・話し合われたことを着実に遂行するように求めてきたようです。しかし、そうだったとしても委員長の説明を途中でさえぎり批判する姿は、聞いている傍聴者にとって心地よいものではありませんでした。その委員と意を同じくする人は、聞いて納得できているのかもしれませんが・・・。委員の思いや意を理解できていない傍聴者もいるのです。話し合いの最低限のマナーとして「発言を最後まで聞き、それに答える」ということがなければ、議論はよく分からないものになってしまいます。朝日新聞では、17年3月に答申を出した市教委の第三者委員会からの聴取ができていないことについて委員間に意見の相違があった旨、報じられましたが、委員会は激しい発言の応酬で、傍聴している私たちに伝わることはありませんでした。
 次に思ったことは、これでまた、真相の解明が遅れると言うことです。上記の件を受けて、委員会当日は、遺族側の傍聴者からも落胆の声が漏れました。「なぜ打ち切るのだ。審議を始めて欲しい。」との思いだったと想像します。いじめがあったのか、なかったのか、あったとすればどのように、誰がという真相を遺族が知りたいという気持ちは理解できます。いじめがあったという事実は一つでも、遺族側から見えていること、教職員側から見えていること、生徒から見えていることなど、立場によって、その見え方はちがいます。真相解明は、なかなか困難な課題だと感じました。

「あと30センチ」の豊かさ ~『ぐんまの教育』80号から ~

 

   あと30センチ

  教室で帽子をかぶったままの子どもがいれば、マナーがなっていないと見える。「部屋では帽子をとろうね」とやさしく指導したりする。しかしあと30センチ近づいていたら、帽子の下のその子のこわばった表情が見えたかもしれない。ああこんなに怯えていたのか。そう感じられたならその子が安心できる教室をどうにかしてつくってゆきたくなる。

 教室で唸り声を上げている子どもがいれば「障害」があると見える。ほかの子どもから離して職員室で自習させたりする。しかしあと30センチ近づいていたら、脇をぎゅっと固めて暴発を必死にとどめようとするその子はこんなにこらえていたのか。そう感じられたなら、「よく我慢したね」とみんなの前でその子を承認したくなる。
 教室で規律を守り、勉強もできる子どもがいれば、なんの「問題」もないと見える。「ほんとうに手のかからないお子さんで」とほめそやしたりする。しかし、あと30センチ近づいていたら、いつでもどこでも同じ笑顔の仮面の向こうから、その子の叫びが聞こえたかもしれない。ああこの子はこんなに感情を押し殺しつづけていたのか。そう感じたなら、その子がやさぐれた気持ちをぶちまけられる音読の授業をやってみたくなる。
 あと30センチ。しかし、それがやけに遠いのだ。他者を操作し自己を防衛する技術の鎧を身にまとうことが「有能」とみなされるこの時代、私たちはその鎧を脱いで肌をさらそうとしない限り、ふれることもふれられることもできない。たとえ「未熟」でも、相手にふれ、ふれられる肌の感触のほうから、その子どもの葛藤や格闘に応える学びを共に探り合っていくこと。あと30センチで生まれるコンタクト。学校は、そこを起点にしてあらゆることを問い返す、探究のるつぼであっていい。

 先月末の事務局会で、千葉さんから「これ、読んでみて」と1冊の本を渡された。調子よく「わかりました」と受け取ったものの、しばらくリュックの中に入れ忘れていた。先日リュックの中身を整理したら出てきたので慌てて読み始めた(千葉さん、ごめんなさい)。
 手渡された本は、群馬民間教育研究団体連絡協議会が発行している『ぐんまの教育』80号。「夏の集会」の講演記録として、岩川直樹さん(埼玉大学)の「子どもに応える教育」が掲載されている。引用した「あと30センチ」は、その講演記録の冒頭に出てくる。
 「あと30センチ」を、《そうなんだよなあ、その30センチが遠いんだよなあ》と思いながら読んだ。描かれているのは、教師と子どもとの関係の豊かさ。表題に即して言うなら、30センチの差が生み出す豊かさと言えるだろうか。
 「豊かさ」という言葉は、語源的には「ゆた」から来ているのだと、なにかの本で読んだことがある。つまり、ゆとりだ。豊かさはゆとりの中にある、あるいはゆとりから生まれる。そういうゆとりが、学校にも教師と子どもたちの関係にも必要なのではないだろうか。講演記録の中で岩川さんは、その30センチの生み出す教育の豊かさをやさしく、しなやかなまなざしで語っている。講演記録を読んで、とても豊かな気持ちになった。( キヨ )

        f:id:mkbkc:20180216183226j:plain

「発達障害」について『野田正彰さん講演会&ディスカッション』のご案内

 第5回仙台市いじめ問題再調査委員会のなかでも取り上げられた「発達障害」について、再調査委員会の委員でもある野田正彰さんが、下記の要領で、講演会とディスカッションを行います。関心のある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 なお、次回 (第6回)の 仙台市いじめ問題再調査委員会・開催は、2月17日(土)13時~17時/会場 市役所本庁舎2F 第1委員会室  です。詳細については事務局の仙台子供未来局(022-214-8201)まで問い合わせ下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・
 発達障害と精神薬

  講 師 野田 正彰 さん
   【講師プロフィール】
     精神科医・評論家・ノンフィクション作家・社会精神医学研究者・
     大宅壮一ノンフィクション賞講談社ノンフィクション賞
     人文科学協会賞等

  日時 2月16日(金曜日) 17時00分~19時30分

  会場 AER6階 仙台市中小企業活性化センター
           セミナールーム(2)B
      (宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号 022-724-1200)

  参加費 500円(資料代)

  【主催:藍の会】 問い合わせ・連絡先 090-5835-0017田中幸子

子ども・保護者を支え励ます取り組みを

 前回に引き続いての河北新報「持論時論」の紹介となります。2月2日に遠藤利美さんの投稿が掲載されました。遠藤利美さんの投稿といい、その前の高橋幸子さんの投稿といい、そこに共通しているのは、学校という場に生きづらさを感じている子どもたちに対する信頼と尊重のまなざしです。
 私たちセンターとも関わりのあるこうしたみなさんが、それぞれにそれぞれの思いを発信してくれていること、そして、そういうみなさんに支えられながら仕事をしていることに心強さとうれしさを感じます。以下、遠藤さんの「持論時論」を紹介します。

 不登校問題の解決 子どもに共感と支援を


 仙台市教委は昨年12月、小中学生の不登校対策を検討する委員会を設置しました。文部科学省調査によると、2016年度の全国の不登校の割合は、小学校で330人に1人、中学校で37人に1人。中学校では1クラスに1人が不登校の計算です。不登校は今やどの子にも起こり得ることであり、特別なことでもおかしいことでもありません。検討委員会は、今苦しんでいる生徒や保護者を支援する態勢をいかにつくるかを、最優先課題にしてほしいと思います。
 ◇    ◆    ◇ 
 不当校問題の解決には、子どもの行動の裏にある「内なる声」を読み取れるかどうかが鍵となります。本格的な不登校になると、ゲームやネット、スマホに依存して夜更かしが多くなり、昼夜が逆転しがちです。学校に行けない自分自身への罪悪感から逃れるための行動です。ともすると怠けた行動に見えますが、目に見える行動の裏にある原因、本人のつらさに大人が共感できるかどうかが大きなポイントです。
 不登校の子どもたちは極度のエネルギー低下の状態にあります。不登校の時期は、そのエネルギーの充電に必要な期間と捉えるべきでしょう。しかし、毎日子どもの様子を見ている親も大きな葛藤を抱えます。頭では理解していても、世間の目が気になるし、子どもが目の前でゴロゴロしているのを見るのはつらいものです。この時、親を励まし支えることが学校や市教委の大きな役割になります。「親はあなたの見方だよ」というメッセージを子どもに伝え続けることが決定的に重要です。そこを支えてほしいのです。
 最終目標は学校への復帰だとしても、それを達成するために「学校に行きなさい」と繰り返せばいいものではありません。大事なのはエネルギーの充電です。「私たちはあなたの見方」「つらいよね。分かるよ」という親の言葉があれば、安心して自分自身と向き合えるし、心が癒やされます。また、本人が好きなことや興味のあることをどんどんやらせ、頑張りを褒めてやることも大切です。親から認められ褒められることは、自己肯定感を高めエネルギーの充電を促します。周りが罪悪感を軽くしてあげることです。親が自分をそのまま受け入れてくれたと感じる時に、回復に向かうでしょう。
  ◇    ◆    ◇ 
 学校での対応では、横浜の市立中学校の取り組みが参考になります(教育専門誌『内外教育』17年8月号)。不登校生徒が30人もいたのを、1年半で1人にまで減らすことができたのです。その子たちのために特別支援教室を設け、専属の教員を複数配置して個別に手厚い対応をしたことが奏功しました。「学校の大きな流れに適応できる」生徒を多数派と考えると、少数派も必ずいます。それをサポートするシステムが、学校には不可欠だとする考えです。
 そのためにも、必要なのは人です。仙台市教委には、子どもたちや保護者をさまざまな取り組みで支え励ます学校現場を、十分な人的措置で支えることを期待したいと思います。

 学校や教室という場に息苦しさや生きづらさを感じている子どもたちにとって、特別支援教室のような場が設けられることは一つの手立てとして大切だろうと思います。しかし一方で、なぜその子たちがみんなのいる教室には来ることができないのか? そのことも同時に考えていきたいと思います。( キヨ )

高校での黒髪強要から教育を考える

 Diaryに載せよう載せようと思いながら、こんなに遅くなってしまいました。

 昨年11月ごろに大阪府立高校3年の女子生徒が茶髪の自毛を黒髪にするよう学校から強要(指導)されたことが原因で不登校になったと府を提訴、との新聞報道がありました。みなさん覚えておられますか? このことにかかわって高橋幸子さん(元教師)の投稿が、河北新報「持論時論」(12月14日付け)に掲載されました。

 昨年末27日の第4回いじめ問題再調査委員会のなかでも、ある委員から《教師が子どもを苦しめていることもあるし、学校が子どもをいじめる、そういう場になっていることだってあるのではないか》という発言がありました。その念頭に、この大阪の一件があることはすぐわかりました。

 いじめをなくすにはどうしたらいいのか? 多くの人が心を痛めていますが、単なるいじめ対策ではなく、学校や教育全体のあり方から考えていく必要があるのではないでしょうか。以下、高橋幸子さんの持論時論を掲載します。 

 高校での黒髪強要 子の成長に包容力大事

 「いろいろな色が並んでますね。この12本のクレヨンのうち、好きな色は何色ですか?」「僕は青色が好きです」「私はピンクが好きです」。子どもたちの好きな色はさまざまです。

 「そうですね。どの色もすてきな色ですね。このほかにも、24色とか36色とかたくさんあるんですよ。この色を使ってすてきな絵を描いていきましょうね」

 私が小学校の教師をしていた時、図工の時間での子どもたちとの会話です。どの色も素晴らしく、駄目な色、おかしい色なんてありません。そう教えてきました。

  ◇    ◆    ◇ 

 一方、私の長女と次女が中学校と高校に入学した時、いずれも入学式後に生徒指導の先生から、次のような趣旨の話がありました。

 「服装や髪形の乱れは生活の乱れの始まりと、よく言われます。制服を勝手に作り直して短くしたり、長くしたりしてはいけません。髪の毛も茶髪はいけません。この校則が気に入らなければ、入学を辞退しても結構です」

 そこで私は質問しました。

 「茶髪や制服の長さなど、見た目で決めるのはいかがなものでしょう。私の娘2人は生まれつき髪の色が茶色です。だからといって、生活や言動が乱れているわけではありません。私が若い頃は、男性が赤やピンクの服を着たら変に思われる時代でした。見慣れないからです。今はおじいちゃんまで赤もピンクも自由に着ており、変だと思う人もいません。茶髪も、今は当たり前です。髪の色や制服の長さではなく、常習的な遅刻や勉強の怠け、礼儀に反する言葉遣いなどを厳しく指導していただきたいと思います。私も髪を淡い薄紫にしていますが、『すてきな色ですね』と言われることがあります。黒髪の私、茶髪の私、淡い薄紫の髪の私の中身は何一つ変わりません。いかがでしょうか」

 先生は私の言い分も認めながらも、「制服の長さや茶髪禁止は校則ですので。それに、そういうことをしたがる子どもは・・・」と、決め付けるような返答でした。

 私の娘たちは中学の時、茶髪を注意されたことがあります。私は「自毛であると分かっていただきたいので、小さい頃の写真をお見せしましょうか?」と先生に伝えました。その後は注意されなくなったと、娘は話していました。茶髪のお子さんを見て「何てすてきな色でしょう」と先生方は感じることができないのでしょうか。

 もちろん、けばけばしい色もあると思います。でも、そのお子さんが「これがいい」と思っているのなら、認めてあげるべきかと思います。ただし、言動に問題があったり、遅刻したり退学したりしたら、髪の色や制服には関係なく厳しく注意すべきです。

  ◇    ◆    ◇ 

 大阪府の高校での黒髪強要が反響を呼んでいます。穴だらけのズボンが商品になる今の世の中。あるがまま認めるのは、教師にとって、いや大人として難しいことですが、子どもがお互いを認め合い、支えながら成長することを促すために、そうした理解と包容力も大事だと思います。

荻上チキさん来仙! 『ストップいじめ!わたしたちにできること』

 「鬼は外、福は内」と立春を迎えたものの、今週はまたまたこの冬一番の寒波? が襲来とか。インフルエンザも猛威をふるっているようで、当研究センターの経理を担当してくれているTさんも、先週はダウン。みなさん、体調には気をつけましょう。

 さて、講演会のお知らせです。60代最後の歳を迎えた所長の《仁》さんも代表をしている「仙台の子どもと教育をともに考える市民の会」が、荻上チキさんをお呼びして上記タイトルの講演会を開催します。 

 荻上チキさんは、1981年生まれの36歳。サブカルから政治や哲学など、硬軟さまざまな今日的問題について積極的に情報を発信、発言する若き俊英の評論家。
 現在は、ウェブサイト「シノドス」編集長、「TBS ラジオ:荻上チキ Session-22」メインパーソナリティ、「NPO法人ストップいじめ!ナビ」の代表をされています。
 我が家の風来坊も、荻上さんのsession-22をよく聴いているようです。時々そのラジオでの話題が、家の食卓でも話題に上がります。うちの風来坊は、根っからの?天の邪鬼。聞きに来なよと誘うと行かないと言う、何ともひねくれた性格です・・・。その天の邪鬼も実は楽しみにしているようです。ぜひ、みなさんご参加下さい。(キヨ)

   f:id:mkbkc:20180206110008j:plain