mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

議論はいろいろあるけれど、PTAすごいじゃん!

 ゴチャゴチャの書棚をかき回していたら、B6版51ページの手作りの冊子が出てきた。表紙には、「なぜ少年たちは事件をおこしたか」の表題で、「女子高生監禁殺人事件から」の副題。主催「五校PTA講演会」として<山田中・人来田中・人來田小・太白小・上野山小>との文字が散らばる。講演会の報告書である。
 それだけを眺めているうちに、この講演会についての様々なことが浮かんできた。1991年2月2日だったので、28年前のことになる。

 前書きの中に、実行委員長のFさんが、「振り返ってみると、昨年の秋、上野山小PTAから山田中PTAに、『中学校の子どもたちの一部が荒れている。PTAとして何か共同でやれないか』という相談があり、その中から、講演会を開いて、まず親が学習しようということになりました。講師に横川さんが決まってから,『二つのPTAだけの取り組みに終わらせるのはもったいない。山田中・人來田中学校区の五つのPTAで取り組めないか』ということでいろいろ相談した結果、最終的に五つのPTAで実行委員会を作り、山田中・人來田中学区青少年育成連絡協議会の協賛を得て、開催に至った次第です。」と書いていた。

 講師には、横川和夫さんを頼んだ。横川さんは共同通信社論説委員編集委員で、学校や家庭から疎外された少年少女の取材を意欲的につづけ、スタッフで取り組んだ女子高生監禁殺人事件「かげろうの家」(共同通信社刊)では第1回ルポルタージュ大賞を受賞している。
 横川さんは、こちらの事情と日程に合わせやりくりして会場の山田市民センターまで足を運んでくれた。当日の参加者は600人を超え、何度も山田中から折り畳み椅子を運び続けたのだった。

 講演の内容に入るまでを長々と書いてしまった。どこまでつづくかわからないので、あとは止めることにするが、2つのことだけ、添えておきたい。

 1つは、5つのPTA共催で講演会をもてたということを私は、自分の中で今でも誇りに思っているということ。5校PTAが共催した意味は測ることができぬ大きさがあったのではないかと思うのだ。まあ、自分だけでもそう思いたい・・・。
 もう1つは、横川さんが、話の初めに、「事件に潜む8つの問題点」として挙げたものの第1番目は、「偏差値中心の歪んだ学校教育と高校中退、そして中退した後の若者たちの仕事の問題。わかりやすく言えば、勉強ができるかできないかということだけで子どもをみる人間観の問題」をあげていること。
 後者については、これ以後30年近く経った今も変わりはないどころか、ますますこの傾向がエスカレートしているのではないか、と思う時、このまま見過ごしていたらどうなるのだろうと心配でしようがないので、あらためて考えてみたいと思う。

 この講演記録を手作りで増刷し、読んでもらうようにしようかなあとも考えている。( 春 )

教育講演会のご案内~ 学習権と教育の課題 ~

 民主教育をすすめる宮城の会主催で、当研究センターの運営委員もしていただいている宮城大学山岸利次さんが講演を行います。ぜひご参加ください。

 詳細は以下のとおりです。 

//////////////////////////   //////////////////////////   //////////////////////////

 教育講演会
   学習権と教育の課題
           ~ 今、めざしたい ❝教育の質❞ とは ~

   日 時:4月28日(土)14時~16時

   ところ:フォレスト仙台2F 第1・2会議室

                  (資料代:300円)

 ※ 講演に先立って13時~ 民主教育をすすめる宮城の会 2018年度総会
   を行います。

   学習権とは、
   読み書きの権利であり、
   問い続け、深く考える権利であり、
   想像し、創造する権利であり、
   自分自身の世界を読み取り歴史をつづる権利であり、
   あらゆる教育の手だてを得る権利であり、
   個人的・集団的力量を発達させる権利である。
          (1985年3月 ユネスコ学習権宣言から) 

 現代社会には、貧困格差や文化的社会基盤の脆弱さなど、子どもたちの成長を阻害する要因が広がっています。
 そうした中、教育行政からは「学力向上」や「いじめや不登校への対策」と称して、いろいろな施策が打ち出されてきています。
 果してそららは、どれだけ子ども一人ひとりの成長によりそい、先の学習権を保障することにつながっているのでしょうか。
 また、子どもたちの学習権を保障することと一体の教師の「教育の自由」もどんどん狭められています。
 今日的課題に向き合い、今、ここから、教育の質をどう高めていけるのか、そのために何が必要か、ともに考えあいたいと思います。(チラシ 案内文から)  

   
 f:id:mkbkc:20180409095607j:plain

季節のたより カタクリ(その2)

花ひらくまでの試練

 カタクリの芽生えのときの、あのきゃしゃな芽は、どうやって雑木林の地面を突きぬけて出てくるのでしょう。その生命力の不思議さに驚くばかりです。

  f:id:mkbkc:20180413121711j:plain f:id:mkbkc:20180413121746j:plain f:id:mkbkc:20180413121831j:plain

 カタクリが芽生えて花が咲くまでも、多くの試練が待ち構えています。風雨にさらされるのは当然のことですが、ある年に、せっかくつぼみをつけたのに、大雪になった日がありました。雪が降り続いても、カタクリはつぼみを下向きにして、雪にうもれて耐えていました。

 f:id:mkbkc:20180413122002j:plain f:id:mkbkc:20180413122112j:plain

 雪がとけて、やがて陽が照りだすようになると、何事もなかったように花ひらきました。

   f:id:mkbkc:20180413122530j:plain

 雑木林はコナラやブナの落ち葉がたくさん積もっています。この落ち葉を突きぬけて、カタクリは芽を出すのですが、突きぬけた葉を振りはらえずに、そのまま大きくなっているのも見かけます。

 f:id:mkbkc:20180413165731j:plain f:id:mkbkc:20180413165833j:plain f:id:mkbkc:20180413165947j:plain

 つい、取り除いてやりたくなるのですが、手助けしないのが自然界の掟。じっと見守るしかありません。落ち葉に何の罪はなく、ただそこに降り積もっただけ、カタクリもそれとは知らずそこに芽生えただけ、その偶然のかさなりが自然のいとなみなのです。

 多くのカタクリは生長しながら自力で落ち葉から抜け出します。でも、どうしても振りはらえずに、つぼみをつけたカタクリがありました。

 そのカタクリが、ある晴れた日、花を咲かせました。

  f:id:mkbkc:20180413170139j:plain  f:id:mkbkc:20180413170241j:plain

 自由を奪われながらも、凛として咲いているその姿に、野に生きるカタクリの矜持を見る思いがしました。(千)

季節のたより カタクリ(その1)

花ひらくまで 7~8年

 仙台市青葉山カタクリの花はそろそろ終わりのようですが、県内の高山ではこれから咲き出すところもあるので山歩きが楽しみです。
 里山の雪解けを待ちかねたように芽を出し、急いで花を咲かせ実をむすび、わずか2ヶ月あまりで地上から消えてしまう草花たちを、スプリング・エフェメラル(春のはかない命・妖精)と呼んでいますが、その代表は何といってもカタクリの花でしょう。

     f:id:mkbkc:20180413112456j:plain  f:id:mkbkc:20180413112543j:plain

 翼のような2枚の葉の間から、一本の花茎を出し、その先にピンクの6弁の花を一つだけ咲かせます。万葉集で家持が「かたかごの花」と歌に詠んでいますが、好天の日に花弁を天にそりあげるように咲く姿は、ちょうど傾いたかごのよう。「カタクリ」は、この「かたかご」が語形変化したものといわれていますが、クリ林を好んで自生し、その葉がクリの子葉に似ているからと言う説もあるようです。

 山道で咲くカタクリの花は一本でも美しく、まして咲き誇る群落の景観は、「春の妖精」といっても過言ではないでしょう。

       f:id:mkbkc:20180413113159j:plain

 花の終わり頃、群生地で、種子の殻を被った糸状のものが、約10センチほど伸びているのを見つけました。後で調べたら、まったく想像していなかったカタクリの芽生えの姿でした。

f:id:mkbkc:20180413113717j:plain f:id:mkbkc:20180413113837j:plain f:id:mkbkc:20180413114011j:plain

 2年目、その場所で一枚の細い葉が生えて、3年目は少し幅広い丸い葉が育っていました。 
 カタクリが育つ林床に陽がさしこむのは、木の葉が広がる前の2ヶ月ほど。そのわずかの期間に、カタクリ光合成して翌年に育つ分だけの栄養を球根に蓄えなければなりません。毎年、すこしずつ一枚の葉を大きくしながら生長し、球根が大きくなって初めて2枚の葉になりつぼみをつけます。河野昭一博士の研究では芽生えから7~8年目でやっと花を咲かせると報告されています。

f:id:mkbkc:20180413114956j:plain f:id:mkbkc:20180413115026j:plain

 花が咲くとすぐに実を結び種になります。雑木林が緑の葉でつつまれ、林床に光がささなくなると、カタクリの地上部は枯れて、球根は来春まで地下で休眠します。
 カタクリは、1年のうちのわずか2ヶ月ほど、めぐる季節の、早春の時期を選んで、そのいのちを輝かせているのです。

 教室で、カタクリの花を知っている子がいたら、「〇〇さんが赤ちゃんで生まれたときに、カタクリも芽を出し、2年生に進級する頃に、やっと花を咲かせるんですね。」と話してみてはどうでしょう。カタクリの花への親しみがよりわいてくるのではないでしょうか。(千)

吉野弘さんの『争う』から、妄想する

 吉野弘さんの詩に「争う」という題で、「静」と「浄」という2つの漢字について語ったものがある。それぞれの漢字の中に「争」が隠れていることに着想を得て、その漢字の持つイメージを鮮やかに一気に押し広げてくれる。「静」については、こんな具合だ。

   

 青空を仰いでごらん。
 青が争っている。
 あのひしめきが
 静かさというもの。

 見上げた真っ青な空の広がりに感じる静寂と孤独。その静かさのなかに、それとは相反するような青の「争い」の情景を観てとる。それまで静かで一様に広がり見えていた空の青さが、動的でひしめき合うものとして見えてくるから不思議だ。その争いのひしめき合う音さえも、青空の奥から聞こえてくる気さえする。
 実は『くらしとことば』の中で、吉野さん自身が、この詩について次のように語っている。

 「青が争う」となぜ「静」なんだろうと思われるかもしれない。確かに「争い」が「静かさ」をつくり出すなんて理屈に合わない。
 それで私は、青空を仰いでごらんとだけ云いたい。そこには、青が争っていないだろうか。青がひしめきあっていないだろうか。青が渦巻いていないだろうか、そしてそれが、張りつめた静かさとして、空に満ち満ちているのではないだろうか。
 空の青さは、決して青ペンキをぬった一枚の板ではない。底知れぬ深さをもち、嵐の海のようにひしめきあい、争うことで、あの美しい青さをつくり出している。
 波立っている海も、高い上空から見下ろすと一枚の青い鏡である。空の青さも同じ理屈なのではあるまいか。
 私は青空を仰ぐたびに「ああ 青が争っている」と思う。
 「静かだなあ」と思う。そして、「静」という文字をつくづく、うまく出来ている文字だなあと思う。

 吉野さんは青空のなかに静を観る。そのイメージの広がりはとても素敵だと感じる。そのイメージの広がりを作者に断りなく拝借して妄想する。空と海の接する水平線にそれを置き換えて観たらどうだろうかと。空の「青」と海の「青」、その二つの青が水平線で接して争っているというように。天候などで海は荒れても、水平線そのものは案外静かで穏やかにみえるものだ。さらに妄想するなら、空の青と海の青との争いは、そのあまりの激しさに夕やけという真っ赤な血を流すことさえあると。ちょっと妄想しすぎですね、失礼しました。(キヨ)

廃道女子ならぬ元祖・廃道男子? 奥の細道を行く

 テレビのチャンネルを回していたら、倒木が横たわり大きな石が座っている荒れ果てた山道を若い女の人が歩いていた。ナレーターは話の中で「ハイドウジョシ」という聞いたことのない言葉を使っていた。どうやら「廃道女子」ということらしい。廃道になった道を探し歩くことを趣味にしている女性をカメラが追っていたのだ。
 それは短時間で終わったのだが、私に若い時、ただ1度古道を探して歩いたことを思い出させた。

 40数年前になる。「奥の細道」で芭蕉が歩いた道を歩いてみようと思いついた。特に理由らしい理由はない。宮城はいつも歩けるから山形から始めよう。とすると、鳴子の次になると考えはふくらみ、陸羽東線に乗車、山形最初の駅堺田駅で降り、尾花沢への下りに入る山刀伐峠まで歩くことにした。
その部分を「奥の細道」は次のように書く。

  蚤虱馬の尿する枕もと

 あるじのいふ。是より出羽の國に大山を隔てて、道定かならざれば、道しるべの人を頼みて越ゆべきよしを申す。さらばと云ひて人を頼み侍れば、究竟(くつきやう)の若者、反脇指をよこたへ、樫の杖を携へて、我我が先に立ちて行く。今日こそ必ず危ふき目にもあふべき日なれと、辛き思ひをなして後について行く。あるじの云ふにたがはず、高山森々として一鳥聲聞かず。木の下闇茂りあひて、夜行くがごとし。雲端に土ふる心地して、篠の中踏み分け踏み分け、水を渉り岩に躓いて、肌につめたき汗を流して、最上の庄に出づ。かの案内せし男の子の云ふやう、「此の道必ず不用の事有り。恙なう送りまゐらせて、仕合せしたり」と、悦びて別れぬ。跡に聞きてさへ胸とどろくのみ也。
             [*文中の( )部分は私のおせっかいである]

 堺田駅の近くの「封人の家」を、歩きに入る前にまず訪ねる。当時の庄屋・有路家で芭蕉曾良は、一夜のつもりが三日も留まることになった家だ。その理由を「奥の細道」は、「蚤虱・・・」の句の前に、「大山を登つて日既に暮れければ、封人の家を見かけて舎(やどり)を求む。三日風雨荒れて、よしなき山中に逗留す。」と記している。ついでに、「・・尿する枕もと」という句から見えてくる「その庄屋の家の馬小屋の傍に寝たのか」という疑問にこたえるべきだろうが、早く歩き始めなければならないので、「そうではなかったようだ」ということだけ言って、急いで、ここは歩き出すことにする。

 封人の家を出て西に向かう。
 たまたま見つけた畑仕事の人に古道を尋ねる。道沿いに点在する家の陰の所々に狭い路地として残っているのが芭蕉の歩いた道だとすぐ教えてもらえた。土地の人は誇りにしているのかもしれない。ほんの少しだけ残されたアシアトと同じようなものだが。でも、その部分は残さず歩く。
 赤倉温泉を左に見てしばらく歩くうちに、道は左の山手に伸びて山に入り込む。この道も車道だ。でも、車と会うことはなかった。
 ゆるやかな登りがしばらくつづいている途中、右手に雑木の落ち葉で埋まった細い山道を見つけ、その山道に入る。「高山森々として一鳥聲聞かず」とはとても言い難い山中だった。落ち葉を踏んで登ると前方が明るくなってきて、大きく迂回してきた車道に出た。ここが山刀伐峠。前方が幾重にも峰がつづく。道は一気に下りになり、行き先が尾花沢と記されている。
 私は峠でひとり休んで、来た道をもどり、赤倉温泉から電車に乗って帰った。初めての歩きで心地よい一日になったのだが、それ以降「奥の細道」歩きは一度もつづくことがなかった。忙しさが許してくれなかったは言い訳か。
 つまり、“ハイドウダンシ”になれなかった情けない話ということになってしまった。( 春 )

映画『歩いても 歩いても』に寄せて、親子を想う

 3月に行われた第41回日本アカデミー賞では、是枝裕和監督の「三度目の殺人」が6部門で最優秀賞に輝きました。今や日本を代表する映画監督の一人です。その是枝さんに来ていただいたのは2008年、今思うととても贅沢なことだったなと思います。映画「誰も知らない」の上映とお話のセットでした。その合間には、すでに撮影は終了し編集作業に入っていた「歩いても 歩いても」の映像も一部見せていただいたことを記憶しています。

 先日、久しぶりに「歩いても 歩いても」を鑑賞しました。海で溺れた子を助けて命を落とした兄の命日に、久しぶりに家族みんなが集まります。しかし次男の良多(阿部寛)は、失業中のうえ日頃から父とは折り合いが悪く、なんとも気が重い。食卓には母の作った手料理が並び、姉家族ともども思い出話に花が咲きます。そんな家族のなかでの何気ない会話に、それぞれが抱えた事情や思いが見え隠れします。夏のある一日を静かに描いた作品です。

 2008年の上映時には、監督のお母さんが亡くなられたことがこの作品をつくるきっかけとして語られたこともあり、樹木希林さん演じる母親を中心に観てしまうところがありました。今回そういういきさつを脇に置いて改めて見ると、父と息子(町医師として働き家族を養ってきたことにプライドを持つ父・原田芳雄と、父や亡き兄にコンプレックスを感じている息子・阿部寛)の物語世界としてもおもしろく見られました。相手に対するやさしさや労りの気持ちは持ちつつも、それぞれのプライドや小さなわだかまりやしこりで、素直な言動にはなかなか結びつきません。そのことが映像や、言葉のやり取りとして描かれています。親子のつながりの妙をとても上手く描いています。

 一番好きな場面は、終わりの方に描かれている海へ散歩に行くシーンです。父と息子、その子ども(孫)三世代の男たちが、砂浜で海を眺めます。兄であり息子のいのちを奪っていった海、いのちをはぐくむ海。その海を前に、それぞれの胸に去来しているのは何なのでしょうか。砂浜でかわす父子の会話はたわいのないものなのですが、愛おしくもあり切なくもあり、とても印象的です。

                 f:id:mkbkc:20180406083126j:plain

     どうでもいいことが どうでもよくなくて
     どうでもよくないことが どうでもいいことのように
     誰もふれず、ひっそりさけている

     水平線を見つめる
     そのまなざしの向こうに
     青く争う静けさが
     沈黙の言葉としてゆれている 

 ちなみに今回、小説『歩いても 歩いても』も読みました。小説の方では、映画では語られない挿話(例えば、父や母の亡くなるまでのことなど)や思いなども記されており、映像と言葉の表現の違いによる面白さなども含め『歩いても 歩いても』の世界がより深く味わえます。ぜひ、みなさんも読んでから見るか、見てから読むか。 楽しんでみてはいかがですか。(キヨ)