mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記・ブログです。

戦争をなくす最良の方法

 第一次大戦後10年ほどたったころのことだが、デンマークの陸軍大将フリッツ・ホルムなる人物が、「戦争絶滅受合法案」という法律案をつくって各国要人たちに配布したという。その案文の全文は以下になる。

戦争行為の開始後又は宣戦布告の効力の生じたる後、十時間以内に次の処置をとるべきこと。即ち左の各項に該当する者を最下級の兵卒として召集し、出来るだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下に実戦に従わしむべし。

一、国家の元首。但し君主たると大統領たるとを問わず、尤も男子たること。

ニ、国家の元首の男性の親族にして十六歳に達せる者。

三、総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。

四、国民によって選出されたる立法部の男性の代議士。但し戦争に反対の投票を為したる者は之を除く。

五、キリスト教又は他の寺院の僧正、管長、その他の高僧にして公然戦争に反対せざりし者。

上記の有資格者の妻、娘、姉妹等は、戦争継続中、看護婦又は使役婦として召集し、最も砲火に接近したる野戦病院に勤務せしむべし。

 これは、「完本 一月一話」(岩波書店)からの転載である。著者は淮陰生。

 著者は、「これは、かつて長谷川如是閑らがつくっていた月刊誌『我等』の巻頭言に如是閑が書いたもので、フリッツ・ホルム大将など聞いたこともないから、ユーモリスト如是閑の戯文でないかと疑っている」と言い、「それはともかく、愉快ではないか」と加える。

 よんだ私も大いに愉快であり、何かの折に使いたいと思って付箋をしていた。この法律案が国連で批准されることがあれば、世の中から戦争はなくなることまちがいない。平和な地球実現にこれを超える案はないのではないか。

 (いつか使いたい)と思っていたのだが、キョウボウザイが実施されると、こんなことを書くことで、身が危うくなるのではないかと心配になり、急いで知らせておこうと思った。

 この法案に関して思ったことは、如是閑のようなペンで闘う知識人・ジャーナリストが増えてほしいということである。如是閑らの月刊「我等」は数千部しか出なかったが、知識人たちの良心の砦として渇仰の的だったらしい。活字は読まれないと言って諦めていてはいつまでもいろんな場面での「戦争絶滅受合法案」は創造されない。( 春 )

広告を非表示にする