読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mkbkc’s diary

みやぎ教育文化研究センターの日記です。

恐ろしい執着  ~ここまでやるか

 年が改まって早もうすぐ2月。早すぎると感じるのはいつものこと。今年こそは、このコーナーで明るい話題・希望の感じられる話をと考えるのですが、今年1回目の日記も、願いとは反するものになってしまうのが残念。

 明日1月20日からは、トランプ大統領の就任のニュースが朝から晩まで続くことだろう。しかし一方、この日本でもとんでもない話が進んでいる。
 戦争準備法といわれる共謀罪は、すでに反対運動も行われ多くの国民が知るところだ。ところが今月20日に召集される通常国会で、自民党議員立法で提出するという「家庭教育支援法案」が水面下で着々と準備されているようだ。
 どこかで耳にしたことがあると思い調べてみたら、戦時中の1942年、国民を戦争に総動員するため、「戦時家庭教育指導要綱」が発令され、「家庭生活は常に国家活動の源泉」として、子どもの“健全育成”を親に要求。“相互扶助”という名目で「隣組制度」がつくられ、地域住民は各家庭で国家が求める「教育」が徹底されているかを見張り合ったのだ。

 今回準備されている法案の内容は、「保護者が子に社会との関わりを自覚させ、人格形成の基礎を培い、国家と社会の形成者として必要な資質を備えさせる環境を整備する」。
 1942年当時とソックリ。地域住民について、「国と地方公共団体が実施する家庭教育支援に関する施策に協力するよう努める」とあり、さらにそれは「責務」というのだ。
 家庭教育支援というなら、給付型奨学金制度の充実や育児のインフラ整備など子育てしやすい環境を整えるのが政府の仕事であるはず。そういう必要な支援はせず、親に委ねられるべき家庭教育の中身に政府が介入し、国家にとって都合の良い人材育成を親に押し付けている。要するに支援法は国家が家庭教育をコントロールして、国家に都合が悪い人材をできるだけつくり出さないためのもの。家庭教育支援法案と共謀罪は従順な国民づくりのための両輪といえるのではないかと思わざるを得ません。

 表面上は核家族化など家族をめぐる環境変化での公的支援のためというが、真の狙いは国民を“イエスマン”に仕立て上げ、戦争でも何でもできるような体制づくりだ。安倍政権は天皇退位や共謀罪を尻目にコッソリ通そうとしている。これが安倍政権が考える「1億総活躍社会」の本性だ。

 国家と社会の形成者として必要な資質。この文字はまもなく公表される新学習指導要領の基本設計を行った中央教育審議会の「審議のまとめ」で、教育の目的に書かれているキーワードでもあることを考えると危惧するのはボクだけだろうか。ここまでやるのかである。〈 仁 〉

1月9日 今やるべきこと、できることをする

 新年おめでとうございます。今年も時々、つまらない繰り言を書かせていただきますので、おつきあい下さいますようよろしくお願いいたします。 

 今年は、よく晴れた元日だった。が、いただいた年賀のごあいさつには、空の色とは対極のことばがいくつも見出され、「そう これが これから始まる17年なのだ」と読むごとに心が引き締まってきた。たとえば、

  • 世界でも日本でも,心配なできごとが続いています。新しい生命との出会い、生き方を探る若い人々との出会いを大切にして過ごしたい。
  • おかしな世の中になったもんです。こんな世の中おかしいよね。
  • 年々、国は不気味な方向に国民を引っ張ってて・・・これは「戦前」かもしれないと思うことこと、しばしばです。 など。

 去年は、(民主主義ってたいへん難しいものだなあ)(しかし、人間らしく生きるために長い時間をかけて獲得したこの民主主義はなんとしても守らなくちゃ)と考えつづけた。そのための教育の仕事の重さもつくづく考えさせられた1年でもあった。現役時代の自分の仕事のいいかげんさが、このような世の中をつくるのに大きく加担していたのではないか、大衆迎合主義者をたくさん育てたのではないかとも・・・。

 新しい年と言っても、時の流れに区切りがあるわけではない。こんなそんなをめぐらしていると、「新年だ!」と多くのテレビと一緒になってアハアハと笑って過ごしてばかりおれない。

 昨日の朝日新聞「折々のことば」は、「戰争が起こってしまってから反対運動をする自信も勇気もおそらくない。だからこそいまのうちにやらなくては」(藤波玖美子)だった。
 小さいときの戦時のいろいろを思い出すだけで今でも身震いする。
 藤波さんと同様、いまやらなければならないものをやらなくちゃ、と強く思う。

 今日は9日。毎月9日は、私たちのつくっているちっぽけな「『テロにも戰争にもNOを!』の会」で、夕方4時半から5時まで「武力では何も解決しないから『テロにも戦争にもNO!』」という私たちの願いを入れたティッシュを配っている。会をつくったのは、01年の同時多発テロ直後。17年になる。「とにかくつづけること・・」が会のモットーだ。ティッシュの配り手は6~7人で増えないが、終わってサッと散るときは心地いい。

 2017年、私の1月9日はこうして終わった。( 春 )

冬の学習会は、1月8日(日)開催です

 まだ心も体も、正月のお休みモードが抜けないという方もいるのではないでしょうか。年が明けて、新たな気持ちで仕事に取り組みたいものです。そんな思いに応えてくれるのが『冬の学習会』です。
 12月に算数と国語の授業をみせてもらったHさんやMさんも、それぞれの授業実践について報告される予定です。ぜひみなさん、参加してください。
 当研究センター所長の〈仁〉さんも、道徳の教科化について報告します。

◆冬の学習会(開催:1月8日・日曜日  会場:茂庭荘)

   参加費:教員(2,000円) 一般・元教師・保育士(1,000円)
       学生(無料)  ※1コマ参加は1,000円(一般は500円)です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  タイム・スケジュール 

 ・9:00~(受付)

 ・9:30~(開会行事・特別報告)
   「道徳の教科化と私たちの仕事」

 ・10:10~12:00(講演会)
   「特別な支援が必要な子どもへのサポートと
         保護者の信頼関係をどうつくるか」
    講師 植木田潤さん(宮城教育大学

 ・13:00~15:00(模擬授業・講座)

    A.生活指導 講座「回り道しながら大きくなろう」
    B.算数 講座「今あらためて聞く数教協の理論と実践の基礎基本」
    C.理科 講座「やさしくて本質的な理科授業『電気と発熱』」
    D.社会 講座「仙台の戦跡案内」
    E.音楽 講座「かしの木保育園(群馬)の卒園式から学ぶ!」
    F.外国語 講座「授業づくり入門」

         ( ※音楽講座の会場は、山田市民センターです )

 ・15:20~17:30(分科会)
   ★国語と教育 ★作文と教育 ★算数・数学と教育 ★理科と教育
   ★社会科と教育 ★外国語と教育 ★音楽と教育 ★身体と教育
   ★生活指導と教育 ★保健室と子ども ★障害をもつ子と教育
   ★学校と教育
       ( ※「音楽と教育」の会場は、山田市民センターです )

  f:id:mkbkc:20170105104610j:plain f:id:mkbkc:20170105105009j:plain

佐藤忠良さんの「緑の風」に会いに

 明けましておめでとうございます。
 お正月はどう過ごされましたか。家族みんなでゆっくりされましたか、初日の出や初詣に出かけたでしょうか、いやいや1人で静かに迎えたひともいるでしょう。

 正月元旦の朝、よっちゃんと二人、初詣ならぬ台原森林公園詣でに出かけました。いつもの朝なら駅に向かうサラリーマンや通学の高校生などが行き交う道も、この日はしーんとして、町はまだ眠りから目覚めていないようです。1年のうちに、まだこういう日があるんですね。ほっとします。時折すれ違う人と、お互い特別な時間を共有する秘密を確認するかのように、静かに朝のあいさつを交わします。

 お目当ては、佐藤忠良さんの「緑の風」というタイトルの彫像を見ること。仙台市科学館の裏手にある記念広場から台原森林公園に降りていく階段のてっぺんに立っています。もちろん彫像それ自身も素敵なのですが、なぜか私は台原森林公園の自然のなかにある「緑の風」が好きです。それも忠良さんが生きておられたら叱られるかもしれないけれど、彫像の背後からみるその世界が大好きです。人と自然、そして空のずっと向こうの宇宙にまでつながっているような世界の有様が、そこには静かに佇んでいるように感じるのです。いつみても素敵です。私も自然の一部、宇宙の一部、そして一つの生命(いのち)であることを思うのです。今年もよろしくお願いします。( キヨ )

f:id:mkbkc:20170103224009p:plain

         きこえてくる
                まど・みちお

      土の中から きこえてくる
      水の中から きこえてくる
      風の中から きこえてくる

      ここに 生まれ出ようとして
      小さな 数かぎりない生命(いのち)たちが
      めいめいの階段を のぼってくる足音が

      ここに 生まれてきさえすれば
      自分が 何であるのかを
      自分の目で 見ることができるのだと
      心はずませて のぼってくる足音が

      いったい だれに きいたのか
      どんな物をでも そのままにうつす
      空のかがみと 水のかがみが
      ここに たしかにあることを
      ここが 宇宙の
      「かがみの間」で あることを

      土の中から きこえてくる
      水の中から きこえてくる
      風の中から きこえてくる

      小さな 数かぎりない生命たちが
      ここへ ここへ ここへと
      いま 近づいてくる足音が

年の終わりに

 中村桂子さんの新春講演会でスタートした2016年。1年がかりになりましたが、講演記録のブックレットもできあがりました。

 少しずつ若い先生方が参加するようになってきた3回のこくご講座~物語文の読み。国語以外にも拡げていきたいと考えています。

 変わらないのは年4回発行のセンターつうしん。いつも〆切ぎりぎりまで編集校正。きた出版には迷惑のかけっぱなし。ただ感謝あるのみです。別冊用の教育実践あつめも苦労が多いのも残念ながら事実です。実践記録を書く。それは自分のためにと考えるといいのですが‥‥。

 太田先生による哲学sirubeの学習会では、きっと一人では読み切れない分厚いテキストを手に、毎回毎回新鮮な学びの場になっています。これは『教育』読者会も同じ。

 12月には仙台と古川で小4年の算数と小6年の国語の授業をみる機会がありました。いずれもサークル集団で教材分析を行いながらの取り組み。先生と子どもたちがの真剣勝負がびしびしと伝わってきました。そして双方が信頼し合っている学級であることも感じることができ、「教育っていい仕事なんだなあ」と改めて思い熱くなるのでした。

 そして明日より2017年スタート。1月には高校生の公開授業。樋口陽一先生が、高校生にどのようなお話をしてくださるのか、胸が躍ります。年末に次々に受講申込みが届いています。高校生たちの期待の大きさを感じさせます。

 2月中には、センターのホームページも大規模?なリニューアルの予定。

先ずは1年間、ご支援ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。                                                                      

<仁> 

12月26日 『憲法と君たち』を手に、想う

 2016年も最終週に入った。年々、嫌なことが増えているような気がして、長生きしていても気が滅入る。「人間なのに」なのか、「人間だから」なのか・・・、私は後者のように思うようになってきている。こんな自分がなんとも寂しい、人を信じて終末になりたいと願っているのに・・・。

 古本屋通いが楽しみを増しているこのごろだが、先日、友人との待ち合わせの時間つぶしで入った本屋で、復刻新装版「憲法と君たち」(著者・佐藤功)を買った。著者は、有名な憲法学者で、戦後、新しい憲法作成にも深く関わった方である。その著者が1955年に少年少女たちに向けて書いたのが「憲法と君たち」。それが今年の10月に復刻されたのだ。

 やりきれないことの多かった今年だったが、読み終えて、身の周りの黒いものが消し去られ、清々しい気もちになることができた。復刻に関係された方々に深く感謝したい。

 佐藤さんは「まえがき」の中で、次のように述べている。

 それぞれの国の憲法は,その国の国民がどのような理想を目ざしているかをあらわしたものだということができます。日本にもりっぱな憲法があります。それはほかの国ぐにの憲法にくらべてもわたしたちがほこってもよいりっぱな憲法です。君たちも、いまにどんどん大きくなって、君たちの国、この日本をせおって立たなければならないのです。だから、日本の憲法がどんな憲法なのか、そしてそれを守るためにはどうすればいいのかということを、君たちにも今から知っていてほしいと思います。

 佐藤さんは,このように願って「憲法と君たち」を書いたのだが、今、世界にほこるべき憲法が、だれの、どんなもくろみなのか、大きくゆらいでいる。

 佐藤さんは、この本を次のように結んでいる。 

  「憲法が君たちを守る。君たちが憲法を守る。」

  佐藤さんは、「もっとくわしく憲法のことを知りたいという気持ちになったら、先生やおとうさんなどにうかがって・・・」と書いていることから推すと、憲法がぐらついているのは「教育の責任が小さくない」と言うのは過ぎているであろうか。
 今からでも遅くない。憲法を知る努力をつづけたい。

 みやぎ教育文化研究センター企画の「高校生公開授業『憲法という人類の知恵』」(授業者・樋口陽一先生)が年明けの1月28日にある。一般参観も可ということ。ぜひこの日を、多くの高校生と一緒に憲法を考える一日にしたい。(春)

憲法学の第一人者・樋口陽一さんが高校生と授業!

  受講高校生を大募集! 皆さん参加ください

 昨年は、樋口さんとの日程調整がつかず実現できなかった高校生公開授業。2年越しのラブコールに応えていただき、年明け1月28日(土)に、東北大学を会場に「憲法という人類の知恵」と題して授業をしてもらえることになりました。

 樋口さんは、日本の憲法学、比較憲法学の第一人者として学会をリードするとともに、国際的にも活躍されています。また宮城県仙台市出身で、同級の井上ひさしさんや一つ先輩の菅原文太さんとは、仙台一高で青春時代をともにすごし、晩年まで親交がありました。

 11月はじめ、仙台に仕事で来られた際に、お忙しいなか簡単な打ち合わせを行いました。樋口さん曰く、高校生に授業をするのは初めてとのこと。どのように授業をしたらいいものかと、ご自身も思案されている様子でした。

 この日の打ち合わせでは、2時間授業で、1時間目はおもに樋口さんが高校生たちに話をして感想や意見をもらい、2時間目はその意見や感想をもとに授業をする、そんな感じになりそうです。

 東北大に会場を借りに行ったおり、知り合いの先生からは「樋口先生の授業なら、ぜひ大学生にも聞かせたい、学生はダメだろうか?」との話もいただきました。

 またとない企画です。ぜひ多くの高校生に参加してほしいと思います。申し込みは、以下の「参加申し込みフォーム」からできます。ぜひご参加下さい。待ってます。 

    高校生公開授業 参加申し込みフォーム

     ※一般の方は、まわりから授業を参観いただけます。(申し込み不要)

   f:id:mkbkc:20161220094158j:plain